teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


そういえば更新しました

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 6月 7日(日)23時01分11秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  先日の佐藤さんのホイールシリンダ代替品の書き込みを保存版として、「投稿コーナー」にアップしました。


おかのりさん>どうしてもない場合は、違うタイプのエアレギを付けられないか、という構想はあります。あくまでも構想です。
VG系のエアレギはホースで接続するタイプなので、これで代用できないかと言う事です。
まず、

1. 今のエアレギはガスケットを自作してエア通路の穴のないタイプを作成、蓋をする感じで取り付ける。これで常時全閉状態(アイドルアップしていない状態)で固定する。
2. VGのエアレギを取り付ける。
3. エアフロ~スロットル入口間にホースを分岐させて新設エアレギの入口へ接続。
4. コレクタ~INマニ間にホース取り出し口を新設し、新設エアレギの出口へ接続。

これでVGエンジンと同じようなスタイルで復活できそうです。要は、スロットルをバイパスさせてエアをINマニ側に導くとスロットルを開けたことと同じ効果があり、エンジン回転が上がります。このような経路を新設するのです。
構想レベルのぼんやりした案ですので、実際はホースの取り出しをどうするのか検討が必要です。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 
 

ありがとうございます。

 投稿者:おかのり  投稿日:2020年 6月 7日(日)22時41分57秒 opt-183-176-46-12.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  今回もありがとうございました。凄く助かりました。頑張って探してみます。


ちなみに②の場合で、もし代替品が入手が出来なければ、どうにか修理をすることは難しいものでしょうか?
お忙しいところ恐縮です。ご回答は急ぎませんのでよろしくお願いいたします。
 

なかなか厳しいかも

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 6月 7日(日)22時17分15秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  おかのりさん>ご無沙汰です。こちらも在宅が続いていますが、いろいろあって業務量が通常より多く、寝る時間を削って一日中仕事をしている状況です。

さて、不具合現象的には確かにエアレギュレータバルブっぽいです。エアレギが作動していないか、開固着かどちらかです。つまり、

①エアレギの本体内ヒーターが通電していない(電気が来ていない)
②エアレギには通電しているのにバルブが開きっ放しで閉じない

のいずれかです。
①じゃないですよね? ①だったらエアレギは問題ないです。エンジン始動後に12Vの電気が来るのが正ですが、来ないなら電源系が原因です。
②だったらエアレギNGが濃厚ですが、製廃のようですねちょっと厳しいですね。セドグロだと332と430のEGI(ECCSは除く)だけです。昭和53年排ガス規制適合のL20Eで普通のEGIならほぼ共通です。S130フェアレディZやC230ローレル全年式あたりが近い部品を使っています。
貼っていただいた画像の「P6501」の部分、年式や車種、ターボ有無で「P65XX」「P7XX」「S80XX」「P90XX」とパターンがあります(新品は全部製廃)。下2桁は「X」にしているのはワイルドカードの意味です。ドンピシャがあればベストですが、外観が似ていて、ラベルが上記範囲内なら多分なんとかなるのでは?と予想しています(多分冷機時のアイドルアップ回転数が少し変わるかも)。あくまでも予想なのですが。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

ちなみにこの部品です。

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 6月 7日(日)16時22分38秒 opt-183-176-46-12.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  いろいろ、ネットを探したのですが行き詰まっています。もし良いお知恵がございましたらよろしくお願いいたしますm(__)m  

エアーレギュレーター?

 投稿者:おかのり  投稿日:2020年 6月 7日(日)16時16分13秒 opt-183-176-46-12.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  L20E 昭和54年式セドリック330(最終332型)AT 2000cc

ながた様、掲示板にお越しの皆様ご無沙汰しております。そろそろ暑くなって、旧車には少し厳しい季節になりました。コロナのおかげで家でゴロゴロしていました。で、最近しばらく乗っていなかったので、久しぶりにエンジンを掛けたところ、アイドリングがチョークが掛かった状態から落ち着かなくなってしまいました。1900rpmくらいでそのまま試乗して、30分位しても落ちないので、いつも見てもらっている修理屋さんで見て頂いたところ、エアーレギュレーターのようだとの回答でした。
 エアーレギュレーターを分解掃除をして頂いたのですが変わらないとの事で、部品も無くどうしようかと悩み中です。もしお判りの範囲で、「他車の部品が流用出来る」とかのお話がございましたらお教えいただけますでしょうか。今回もどうぞよろしくお願いいたします。
 

なるほど

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 6月 6日(土)23時14分4秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  よくわかりました。確かにピストン単品だと失敗しても諦められる価格でもありますね。
本件は保存版とさせていただきます。
また発見がありましたら教えてください。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

代替部品の模索

 投稿者:佐藤  投稿日:2020年 6月 5日(金)22時02分48秒 ntsitm302221.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用 編集済
  ながた様、こんばんは。
もちろん取り付け後に試乗して異常の無きことを確認しております。
そしてどのようにしてこの部品にたどり着き合いそうと感じたかですが
 まずブレーキパーツメーカーのミヤコ自動車のホームページで一覧表からカップの適合を調べ
2001年までの日産車でシリンダ径7/8ならばかなり多くの車種で(ほとんどの車種で?)
同じカップが適合していることを知り
 また別のところで70年代の終わりごろから80年代の日産車に広く適合しているらしい
ミヤコ自動車品番「WC-N359」という7/8のシリンダを分解加工しているブログを見つけ
掲載写真を見てピストンの形が少し似ていることを知り
またミヤコ自動車の一覧表でこのシリンダが使用されている車を調べ
中古のFASTでピストンの部品番号を調べると「44108-N4610」と出て
互換性のある部品として「44108-N4611」も出たので両方をモノタロウで調べ
新しくて少し安いほうの「44108-N4611」を選び
(書込み後訂正、「44108-N4610」の方が安価でした。値段を勘違いしてたのと
古い部品をモノタロウで注文した際によく遭遇する注文後の廃番キャンセルで
時間を浪費するのが怖かったので新しい方を選んだのでした。)
 あとは候補選びとして実物を見ないと話にならないので
そんなに高い物ではないしダメで元々で注文
同径サイズのシリンダに入っているのだから入らないことはないだろう
ダストカバー取り付け部分は写真を見た感じでは細いことはないだろうけど
太くても相手はゴムだから多少は融通利くだろうと自分に言い聞かし
なにより今後のメンテの際のカップ探しで途方に暮れるのだけは避けたかったので
前へ前へと玉砕(しても1100円くらい)覚悟の攻めの姿勢で代替ピストン探しを致しました。
 ですので合いそうと思った根拠としては
ネット上の写真を見て形が大きく違わないと感じたのとサイズが同じであるということと
カップが共通であるということ、でございます。
 元はといえば日産が正規のピストン「44108-E8710」を廃止にしなければ
アフター品シリンダが素性不明の有り合わせのようなカップを組み合わせてなければ
こんな苦労は必要なかったことなのでございます。とほほ…
当方は金属加工業ですので最後の逃げ道として会社の旋盤で
アフター品シリンダのピストンを正規の大きさに加工することも可能でしたが
なるべく誰もが対応可能な方法を模索いたしました。宜しくお願い致します。
 

良い感じですね

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 6月 5日(金)20時16分9秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  佐藤さん>ご報告ありがとうございます。これで大丈夫そうですね。E50用は1997年の立ち上がりから2001年6月生産までの車両に適用のようです。ここまではトキコ製のシリンダで、翌月から内径は同サイズながら曙製に変わっています。
ピストンが少し短いのは、もともと両押しのシリンダだから、シリンダ自体が浅いからだと思います。しかし、全長が同じなので、ダストカバー部の収まる位置が少し深そうですが、特段問題なさそうに見えます。

ちなみに、この時のE50のカップ単品の純正部品番号(PITWORK部番)は「AY260-NT006」で、230用で7/8インチシリンダ装着車のカップと同一部番になります。
一方ダストカバーはE50は「44124-08G10」、230(73年7月以降)は「44124-H3110」で繋がっていません。ピストンに嵌る部分の厚みが違う様な気がします。

大変参考になりました。で、ちょっと質問です。

・ このピストンが合いそうと思った根拠みたいなのは何でしょうか?
・ 装着して乗ってみましたか?

よろしくお願いします。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

ホイールシリンダピストン比較

 投稿者:佐藤  投稿日:2020年 6月 3日(水)23時13分15秒 ntsitm302221.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  ながた様こんばんは。
アフター品シリンダの素性の判らないピストン&カップを入れ替えるべく注文していた代替候補のピストンが到着したので比較いたしました。注文したピストンはS30系後期の両押しシリンダに採用されていた「44108-N4610」のマイナーチェンジ版(?)「44108-N4611」でこちら最後は2001年ごろまでE50エルグランドに採用されていたそうで、組み合わされるカップは同じみたいです。また、アフター品シリンダはCENTRICというブランドの物のようです。
写真2枚目で並べてみましたが
上段に並べたカップが左がアフター品シリンダのピストンから取り外したもので右が制研化学工業の純正相当品です。
その下に並べたのが左から
①アフター品シリンダから取り出したピストン
②S30中期純正シリンダから取り出したピストン
③今回取り寄せた代替候補のピストン「44108-N4611」
です。
致命的なのはカップがハマる部分の太さで、純正②と代替候補③が11mmなのに対してアフター品①は13.8mmと太く、純正(あるいは相当品)のカップが収まりません。これを解消すべく取り寄せたピストンは妙に胴体が短いのが機能的に悪影響ないか気になるところですが、同じカップが使えるのでしばらくこれを着けて様子を見てみようと思います。スプリングがハマる部分が太くなりちょっと窮屈でしたが、頑張れば純正ピストンのスプリングも付きます。ダストカバーがハマる部分の太さは3本とも共通の14mmでした。
使用したカップキットは制研化学工業の「240-52391」でダストカバーとカップのセットです。
モノタロウの販売ページ
https://www.monotaro.com/p/1788/3547/
これで問題解決となればよいのですが…以上でございます。よろしくお願いいたします。
 

ありがとうございます

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 5月31日(日)11時41分57秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  佐藤さん>ご承諾ありがとうございます。カップの件はかなり興味がありますので、引き続き進展がありましたら教えてください。

サイドブレーキは大丈夫そうですね。確かにハンドレバー操作はカッタルイです(笑)
私はドラムを嵌める前に目見当でカチカチやっておくことが結構あります。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

レンタル掲示板
/27