teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ながた様 ありがとうございました。

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 2月24日(月)22時03分48秒 opt-220-208-4-222.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  確認して、少し清掃してから装着したいと思います。

また、よろしくお願いいたします。
 
 

まもなく車検

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 2月24日(月)19時36分12秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  うちにある230X2台は車検更新時期がほぼ同時で、まもなくその時期です。2年に一度のイマイチ気の乗らないイベントですが、3/3に有休を取って横浜陸事にユーザー車検の予定です。
長く同じようなクルマ2台を持っていると、いつどこを直したのか、分からなくなるので、整備記録簿を自作して記録しています(下画像上)。DXは1989年から、GXは1998年から記録がありますので、いずれも数百の項目にまでなってしまいました。
ずっと前は手書きでしたが、今はエクセルです。これで定期的に振り返りを行い、突発的な不具合とは別に「まだ大丈夫」「そろそろやらないとマズイ」などの判断をするようにしています。
今回、冷機時のタペット音が少し気になったので、バルブクリアランス調整の履歴を遡ると、前回調整(2011年)から2万キロほど走行しているので、久々に開けてみることに。3番のEX側が広めだった為、音はこれっぽかったのですが、ヤバかったのはIN側がまんべんなく詰まり過ぎていた事。0.1mm切っていたので、今回一通りやり直しました(下画像下)。


おかのりさん>そのタンクなら行けそうですね。画像を貼っていただくと、やはり一目瞭然です。念のため、ソレノイドバルブに12V掛けて、カチカチ言うか、2個とも事前に作動チェックを実施しておくと良いでしょう。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

分かりやすくご説明いただき、ありがとうございました。

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 2月24日(月)17時53分13秒 dw49-106-174-167.m-zone.jp
返信・引用
  ながた様ありがとうございました。構造の解説で、分かりやすく、非常に助かりました。

ご回答の中で購入出来そうな331のバキュームタンクの写真を載せてみました。ソレノイドバルブが2つ有るようで、互換性がありそうだと思います。タンクの形が若干、丸いようですけど大丈夫そうだと思われます。
いつも、つたない説明で申し訳ございません。また、懲りずにアドバイスお願いいたします。
 

バキュームタンク

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 2月23日(日)18時12分31秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  おかのりさん>330系のバキューム周りを調べてみました。電装屋さんの仰るバキューム直結の説明は、影響範囲や注意点が少し違うようなので、その辺を中心にレスします。

【バキュームタンクの役割】
・INマニ負圧を使って空調の制御をしています。と言う事は、エンジン負荷(エンジン回転とアクセル開度)で負圧が変動するので、そのたびにエアコンの制御状態(主に配風)に影響します。これを最小限に抑えるのがバキュームタンクです。
・330からチェックバルブがバキュームタンクに装着されています。チェックバルブもエンジン状態になるべく左右されないように、エアコン系統の負圧がエンジン側に逆流しないような役割があります。
・詳細は後述しますが、332の場合はタンクにソレノイドバルブが2個付きます。片方はブロアONでバキューム制御系にバキュームを導入します。もう片方はA/CコンプレッサがONの時、アイドルアップをさせるためにFICDアクチュエータへバキュームを導入します。

【バキュームタンクの仕様変遷】
先述の通り、230では素のバキュームタンク単体で、チェックバルブとソレノイドは別体でした。
330~331(~1977/5)ではチェックバルブがタンクと一体になっています。
331(1977/6~)、332ではチェックバルブだけでなくソレノイドバルブもタンク一体になります。しかも、FICDアクチュエータのバキューム供給が、タンクから専用ソレノイドを経由して接続されるようになりました。つまり、ソレノイドバルブは2個あるのが大きな違いです。図を添付します。
よって、1977年5月以前の車両用の部品は332と互換性がありません。

【直結にするとどうなるか、注意点】
電装屋さんの提案にある、一旦撤去してホース直結にした場合、以下A~Cのようになると思われます。
A. ブロアOFFでもセレクトレバーやテンプレバーに沿った挙動をします。ブロアがOFFだから、まぁ、関係ない時が多いですが、無駄な作動をします。
B. FICDへのバキューム供給を常時止めてしまう事になるかもしれないので、その場合、エアコンONでもアイドルアップしません。エンストしやすくなったり、アイドル時の冷房の効きが悪くなります。
C. エンジン負荷によって、エアコン制御が過敏に反応するようになります。例えばヒータ使用時にちょっと加速するだけで、温風が正面から出て、加速が終わったら足元、登坂時にアクセルを強く踏んだら正面から風が出たり、アクセルの踏み加減で配風がコロコロ頻繁に変わるようになります。Bのエアコン以外で一番体感できる影響はこれかも。

【多分今の故障は・・・、 今後の対応は?】
下図に示すブロアと連動するソレノイド①が不動なのでは?と予測します。 電装屋さんの「ソレノイドの音がする」はソレノイド②とゴッチャにしていませんかね?
だとすれば、ブロアONでソレノイド①の作動音が出るのか再確認し、出ないのなら当サイトを同じような修理ができるかもしれません。ただし、タンク一体なので、ソレノイドの構造は多少違うと思います。
また、電装屋さんのコメントにある「タンクを使わずに直結して、吹き出し口の切り替えを固定しましょう」というのはそもそもできません。逆に常時バキューム導入になるのでブロアOFFでもセレクトレバーの切り替えができてしまい、固定どころか、過剰作動になります。固定にできるのはFICDをOFFにすることだけかも。
おかのりさんの仰る「私は自分で出来そうならバルブの修理するか、しばらく我慢して、バキュームタンクが手に入ったら交換したい」という思いは分かりますし、私も賛成です。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

説明が足りませんでしたね。申し訳ございません。

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 2月22日(土)07時51分4秒 opt-220-208-4-222.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  早速のご返答ありがとうございます。
実はこの真冬にヒーターが効かなくなり、風の切り替えもレバー位置どうりに出なくなりました。
それでこの際にエアコンサイクルのリフレッシュを今、電装屋さんでして貰っておりますが、 その中で、先ほどの説明を、修理されている整備士さんから受けてそのまま質問をしてしまいました。
  ヒーターコアのチェックはデフルームドアアクチュエーターだけが、効いていないと言う事でありましたので、部品を交換しました。
整備士さんは「バキュームタンクの故障は、タンクを使わずに直結して、吹き出し口の切り替えを固定しましょう」とおっしゃるのですが、私は自分で出来そうならバルブの修理するか、しばらく我慢して、バキュームタンクが手に入ったら交換したいと思い、お伺いをさせていただきました。

いつも、中途半端な質問ですいませんでした!
 

そもそも・・・

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 2月22日(土)01時23分57秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  おかのりさん>ソレノイドバルブとチェックバルブは230用とは近い構造だったはずですが、その前にちょっと質問です。

①「バキュームタンクはカチカチと音はするんですが、作動していない。」のところで、電装屋さんのコメント以上の事は分からないと思うのですが、言葉だけで理解しようとすると、音がしているのなら作動していると思います。音が出ているのに作動していないとは何をもって作動していないと判断したのかな?という疑問が生じます。
当サイトのソレノイドバルブの修理方法のところは、「通電(電気的にON-OFF)しているのに、音が出ない場合はNG」としています。音が出ているのだから、分解する必要はなさそうです。

②そもそも何の不具合で修理しているのですか?

③バキュームタンクの変更は331⇒332のタイミングではないようです。331の途中からです。
形状で見分けがつくと思います。こういうのは双方の画像があるとコメントしやすいですね。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

1979年式 332 CEDLIC ACバキューム系統

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 2月22日(土)00時42分5秒 opt-220-208-4-222.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  ながた様、ご無沙汰しております。またひとつご教授ください。
現在エアコンの修理中で、電装屋さんでヒーターコアまで分解しました。そこで確認していただいた所、

バキュームタンクはカチカチと音はするんですが、作動していない。
とのお話でした。
部品がありませんので、オークションに出品されたらその部品を購入するか、自分でメンテのところにございますように、バルブの修理方法を332でもバキュームタンクに付いているソレノイドバルブとチェックバルブの修理方法は同じようなやり方で大丈夫でしょうか?
それと、現在購入出来る可能性が有る型式331のバキュームタンクと332ではバキュームタンクは異なりますでしょうか?
その他、何かアドバイスがありましたらご教授をお願いしたいと思います。
お忙しいとは思いますが、よろしくお願いいたします。
 

絵が無いとなかなかわかりませんが

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 2月 8日(土)18時36分33秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  masaさん>こちらも実働のシングルキャブがないのと(ウチのはSUツインキャブ)、10年くらいお目にかかっていなかったので、動作については記憶もなく、倉庫から予備部品を引っ張り出してみてみました。
が、原因はファーストアイドルカムがある2枚のプレートの位置関係?でしたか。画像が欲しかったですね。今一つ細かいパーツのどれを指しているのかが正確に理解できていないかもしれません。
あの2枚の位置関係は軸方向にはあまりしっかりしていないのと、シャフトも刺さっているだけ(スロットルの上のシャフトの話)だったような気がするので、変なチカラが掛かって(何かにぶつけた?/引っ掛けた?)ずれたまま引っ掛かる事はありそうです。

まぁ、一応チョークの組み立ての画像を貼っておきます(これしか撮っていません。もっと下も撮っておけばよかった・・・)。バイメタル側のカギ状の部分(A部)を、チョークバルブのシャフトにあるアーム(B部)に引っ掛ける(というかバイメタルの凹にアームを収める)感じでセットすればよいだけです。
組んだ後は先日も書いたように、固定ネジを緩めた状態で目一杯、開き側←→閉じ側に回した時のチョークバルブの閉じ具合(閉じようとするチカラの強弱)を確認、開き側は弱く、閉じ側は強くチカラが掛かっていたら、組立はOKです。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

カムが当たってない!

 投稿者:masa  投稿日:2020年 2月 8日(土)14時42分28秒 sp49-104-25-98.msf.spmode.ne.jp
返信・引用
  ながたさま
 チョーク治りました!
 昨日撮った動画と、スペアキャブ(スロットルが固着してたので、可動部にCRCをガンガンかけて)の動きを参考に、私のクルマと何が違うのかよく見比べたところ、(もちろんバイメタルは組み直しましたよ!)スロットルのシャフト部に付いてるストッパぽいカム?がチョークカムをギリギリで回避してました(笑)…要は空振りしてるんですね…これじゃあバイメタルが伸びてもチョークが開くわけがない!
でもなんで?と思ってさらに位置関係を観察したところ、ファーストアイドルカム、チョークカムとキャブ本体に3~4㎜ほどの隙間が…これが原因で軸方向にカムが遊んでました。
 特に部品の欠品もないので、もしかしてシャフトが飛び出してるのではと思って、プラハンで叩いてみたらやっぱり入りました!改めてリンクやカムの動きを確認すると、ちゃんとチョークカムが開方向に動くようになりました。
 その後エンジン始動、1500回転でファーストアイドルOK! 2000回転まで上昇後、空吹かしでチョーク8割ほど開、1500回転まで下降後さらに2000回転まで上昇、空吹かしでアイドル回転まで落ちました。特に問題はないようです。
 ただ、なぜあそこのシャフトが飛び出したかは不明ですが、調子は元に戻ったのでとりあえずよしとします。
大変お騒がせして申し訳なかったです。
 

やっぱり引くのが正解!

 投稿者:masa  投稿日:2020年 2月 8日(土)00時09分36秒 p813136-ipngn200903fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
   いろいろ考えた挙げ句、本日、仕事のついでにちょっと遠くにある友人の整備工場でレストア中の前期230グロリアのキャブの動きを見せてもらいました。ガソリンが入ってないのでパコパコし放題!(笑)
 で…チョーク開の状態からスロットルを開けると勢いよくチョークが閉じる…ん? これはやはりチョークバイメタルの収縮力がないとできませんね…(最初の組み方で合ってたみたいですね)じゃあどうやって暖機中にチョークが開くのか再現すると、

  1、チョーク全閉~ちょい開きの状態にする
  2、エンジンが少し暖まったと仮定してスロットルを一度勢いよく開ける
  3、スロットルシャフトのストッパみたいなカム?がチョクーカムの下部に当たりチョークバル
    ブが半分以上開く。
   4、もう一度スロットルを全開すると、ファーストアイドルカムがチョークカムにバネの力で
    追従するため、その勢いでチョークが全開になる。

 こんな流れのようです。私のキャブには上記3~4の動きが無いような…
 写真や動画も撮ってきましたので、近いうちに実物と比べて確認して結果をご報告いたします。
 

レンタル掲示板
/21