teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ポン付け不可でした

 投稿者:ミッキー  投稿日:2020年 3月22日(日)00時32分32秒 om126212152182.14.openmobile.ne.jp
返信・引用
  ありがとうございます 再度のチャレンジです 一応社外のリレーは用意してありましたが、アンペアの確認はしておりませんでしたので確認してみます 最初にサンヨーテクニカのリレーハーネスを使ってヘッドランプを点灯させたら、記憶があいまいですが、ロービームは点灯しなかった覚えがあります ハイビームは付いたような記憶がありますが何かかなりの不具合があった覚えがあります もう一度装着して確認しないといけませんね  回路の画像を貼ります  
 

ポン付けで行きませんか?

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 3月20日(金)11時25分51秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ミッキーさん>それなら悩まずにそのまま「ポン」で付けられそうですが、もしダメなら、純正ハーネスと強化ハーネスが接続される3極コネクタの端子配列がアンマッチなのかもしれません。
強化ハーネスの3極オス端子を先日貼った回路になるように(特に増設リレーのコイル側の回路を意識して)、確認&組み替えが必要になりそうです。

ちなみに上記のような作業をする場合、サーキットテスタで導通確認をしながら現状を回路を把握し、変更が必要なら組み替えます。もし「サーキットテスタは持っていない」場合は、調達してください。つまりこれが無い場合は作業はできません。
また、ハーネス&端子カシメのハンダ付けは、自信がないならやらないほうが良いです。

あと、リレー本体とハーネスのメーカー(商品の系統)が違うなら端子配列は違う可能性は大です。リレーは10A以上の容量ならこだわる必要はないので、なるべく同じ系統の製品がベターです。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

リレー強化ハーネスについて

 投稿者:ミッキー  投稿日:2020年 3月18日(水)14時59分2秒 om126211059026.13.openmobile.ne.jp
返信・引用
  早速、とても丁寧なお返事、ご回答ありがとうございます。
もう一度チャレンジしたいと思います。
ショップ等での商品はとてもお値段が高いものがあるみたいです。
追加で詳細は、昭和48年8月の前期最終の逆輸入の240Zです。リレーは購入したのはサンヨーテクニカのGT5000とかいう商品と、もう1つはFETの強化ハーネスです。私、ド素人なので出来るかわからないですけどチャレンジしたいと考えております。
 

60~70年代日産車は全車マイナスコントロール

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 3月17日(火)22時34分35秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  ミッキーさん>はじめまして。この時代の日産車のヘッドライト回路は、細かくは何パターンもありますが、基本はマイナスコントロールです。この背景に他社のパテントがありプラスコントロールの回路を使えず悩んだ結果、マイナスコントロールになった、と当時のハーネス設計の方の講義を聞いた事があります。
利点はヒューズ切れのバックアップ回路を作れた点です。故に回路図を見ても訳わからん複雑怪奇になっているのですが、管ヒューズからブレードヒューズになった事で、そんなバックアップも不要になり、パテントの縛りも無くなった?(期間切れ?)でプラスコントロールに変更されます。それが80年前後の話。
マイナスコントロールの欠点は電蝕が発生しやすい、回路の作り的に経年で電気抵抗が増しやすいなどがあり、車種によっては後から回路変更させる対策もあったとか。

と言う事で、現状の回路は残しつつ、ハーネスを増設します。基本方針は下記です。
・ 既存の純正回路は増設するリレー制御(コイル駆動)専用にして、ランプの電源としては使わない
・ ランプの主電源回路はすべて増設ハーネスを経由する
これで行けば、ベースがプラスコントロールだろうと、マイナスコントロールだろうと関係なくなります。増設ハーネスはプラスコントロールです。
既に増設ハーネスは社外キットでお持ちなんですよね? であれば下図のような回路になるようにしてください。
青のコネクタはノーマル時に接続されていたものです。コネクタの端子配列は実車または配線図で確認してください(下図は適当です)。
回路図は片側しか書いていませんが、両ライトになると、リレーとヒューズはもう一対必要です。純正回路からのリレー駆動電源取り出しは片方だけ(つまり、コイル回路は増設ハーネス内で分岐させる)で結構です。

当サイトの「実験君」でも記載した通り、ヘッドライトON時のランプ端子電圧が12V掛かっていれば、シールドビームでも1.7万カンデラくらいは出て、車検にも余裕でパスするハズです。車検に落ちるのは9Vくらいしか掛かっていないのだと思います。この状態でハーネスをそのままでハロゲンにしても1.5万カンデラ前後で結構ギリギリだったりします。ハーネスを効果的に増設して、ハロゲンを装着すれば2.3万カンデラくらいにはなったと思いますので、ハロゲン化よりも先にハーネス増設をオススメします。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

S30Zのヘッドライトについて

 投稿者:ミッキー  投稿日:2020年 3月17日(火)18時41分6秒 softbank060096045152.bbtec.net
返信・引用
  はじめまして。S30Zの逆輸入車のヘッドライトについてなのですが、暗くて困っています。約10年以上現状で乗っており、このハンドブックを読んで強化リレーハーネスを購入し、カプラー等を変え半田をしてやって失敗してからかれこれ9年以上放置と我慢ですが、もう一度重い腰をあげてさらに教えていただきたくこちらに投稿します。よろしくお願いいたします。
まず、HLS30の前期型で、リレーはサンヨーテクニカのものをヤフオクで購入しました。が、マイナスコントロールらしく上手くいきません。
ハロゲンでしっかり照度を出して安全かつ快適に車検も通したく、教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。
 

新型コロナウィルスで

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 3月17日(火)15時42分30秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  今月は殆どテレワークです。今日は用事があって有休取りましたが。
満員電車で片道2時間の通勤が無くなってメリットはあるものの、課題も幾つかあって対応していかなければなりません。しかしこれを機会に業種によってはテレワークがメジャーになっていくのだろうな、と感じています。


ナオさん>こんにちは。ナオさんの230はコラムMTで良かったでしたっけ?
症状をさらに注意深く把握するよう、意識してしてみてください。スタータはウンともスンとも言わないパターンのような気がします。
キーSW(イグニッションスイッチ)がON⇒STARTのときは、ACC系がOFFになるので、エアコンリレーやラジオがOFFになります。この時リレーの作動音「カチッ」が室内を中心に聞こえますが、同様にボンネットを開けてスターターから出ますかね?(リレーONの音) 正常ならスターターのマグネットスイッチから同種の音が出るハズ(構造上、室内リレーより大きな音で、出た直後にモータが回転)ですが、そもそもスタータからリレー音が出ていないのでは? と思います。 スタータの不具合は傾向的には「カチッと音はするが、モータが回転しないまたは一瞬回転するがグウ・・・で止まる)が多いと思います。今回の不具合はどうでしょうか?
ウンともスンともとなると、スタータに不具合があるのではなく、電源系、もっと言うとキーSW不具合の可能性がありそうです。

「自分でメンテ エンジン編」の「現象別トラブルシュート一覧表」の「I.始動不良」⇒「1.スタータが全く回らない」を参照ください。
もちろん他の可能性もあり得ます。調子の良い時は元気よく回転するなら、バッテリ上がりは考えなくても良さそうです。接触不良系で点検できるところはやってください。 特に、スタータに繋がっている細い配線。平端子が刺さっていると思います。一旦外して綺麗にしてから、メス端子を少しキツめに締めてから再度差し込んでください。

あと、現象発生時、キーSW:ON<-->START を連続で何度かやや早めにやり直してください。そうすると、何回かに1回は急に回転し出すかもしれません。そうするとスイッチ不良が濃厚になります。本当ならスイッチ出口のSTART端子の電圧を測るべきなのですがね。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

始動時のトラブル

 投稿者:ナオ  投稿日:2020年 3月17日(火)10時53分20秒 KD106132087022.au-net.ne.jp
返信・引用
  管理人さま、お疲れさまです。
前回は色々とお世話になりました。
今回、始動時のスターター?のトラブルについて
教えて頂けますでしょうか?

最近、頻発し出しました。
キーを差し始動する際に電動ポンプは始動しますが
スターターが全く動きません。
一旦、キーを戻し暫くおいてもう一度繰り返すと
ようやく動き出す感じですが 最近はこの間をおく時間が長くなるようになりました。 これは毎回ではなく
普通に一発でかかる時もあります。

スターターが多少動いて止まるのではなく、全く
動きません。

この原因についてアドレス頂けますでしょうか?
 

車検終了

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 3月 3日(火)18時49分49秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  今年もやっと終わりました。>車検2台

横浜陸事(神奈川陸運支局)は庁舎建て替えが完了後、初めて入りました。
検査ラインの最初の項目「外観検査」で若干揉めたところがあったのですが、保安基準の解釈はこちらがあっていた(抵触しない)と言う事で、修正無しで無事通りました(苦笑)

これで所有年数はDXが32年目、GXが23年目に突入です。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

参考にさせていただきます。

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 2月28日(金)12時15分56秒 sp49-98-79-84.mse.spmode.ne.jp
返信・引用
  ちょうど良いイベントがあれば、是非、ご挨拶したいです。また、よろしくお願いいたします。  

おっと、そうでした

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 2月27日(木)00時06分28秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  きたばやしさん>最近お会いする機会もなく、ご無沙汰です。どんどん書いてください(笑) そういえばそうですね、うっかりしてました。チェックバルブの中はボール(ボールがバルブ)が入っていて、スプリングで押されています。スプリングに打ち勝って(縮み方向に)ボールが動けば開弁状態となるのですが、反対側(ボールシート側)は動こうとしても動かないので閉じ状態です。これで一方通行にしている訳ですが、ボールが張り付いて固着すると閉じっ放しになります。張り付きの原因は汚れ(orサビ?)などが主なので、パーツクリーナーを吹き込むと直るケースがあります。
チェックバルブ固着はレスを書く段階で記憶がぶっ飛んでいました(苦笑) ご指摘ありがとうございます。

タンク自体は新旧同じでソレノイドが付きそうですね。77年5月まではFICDのバキュームラインは室内から引っ張っていたのですが、エアコンON時の作動レスポンスがイマイチ(キャブ車ではスロットルを引っ張り上げる力が弱い)だと思っています。その改善なのかなぁ、と。私の230GXでは、この系統は潰して、ソレノイド追加でタンクに入る前の部分で分岐させて作動レスポンスを上げています。


おかのりさん>参考にしてみてください。オフ会は何か旧車イベントに引っ掛けるとやりやすいかもしれませんね。最近はイベントにもあまり出なくなってしまったのですが・・・

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

レンタル掲示板
/25