teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


モロモロ

 投稿者:ながた  投稿日:2019年10月20日(日)11時00分40秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  レスが遅くなり申し訳ありません。。。


ますいさん>ドレーンは目視点検で十分だと思います。いわゆる燃料漏れがないか、ポンプ停止状態で進行する可能性があるのはタンク本体ですから、目視で燃料の漏れ、滲みを点検してみてください。
それと同時に、次回の給油でも計算してみて、少し良くなったら、蒸発によるものの可能性が増えてきます(これからの季節は温度が下がってくるので、気化もしにくくなるハズ)。


hurryさん>ゴムシートからの切り出しですね。ボールスタッドが貫通する穴の部分って、シートを重ね貼りしたのでしょうか?
ココは可動部分なので、柔軟性が要求されます。純正品の計測していません(というか、正確な計測は困難)が、現物のその部分はベース部分(1.5mm)より薄いかもしれません。ちょっとそこが心配ですが、ゴミや水の侵入は抑えられるので、あとは耐久面で様子見してください。
それと、装着後真下に来る「出ベソ」の部分、切れ込みは入っていますか? 新グリース注入時、内圧が上がった際に古いグリースを排出する機能がそこにあります。もし入れていなかったら、装着状態のままで結構なので、カッターで切れ込み(3~5mmくらいで一本)を入れるか、千枚通しなどで穴を空けておいてください。
hurryさん、本件は「投稿コーナー」にある既存ページに続編で繋げたいです。良いでしょうか?


佐藤さん>これは新発見ですね。「MD-2065」が無加工でつくのは初耳です。コントロールバルブに装着する場合、金属製のリテーナーを被せるので、装着状態でカット部分が横向きになれば問題ないと思います(真下はNG)。また、グリス抜きの部分は真下にする必要があるので、hurryさんと同様に切れ込み入れたほうが良いです。「MD-2065」はこの穴(orスリット)が真横にあるように見えます。グリース注入時は真横に穴があってもコントロールバルブでは構造上、旧グリースが排出されないと思います。
引き続き、進展がありましたらお願いします。また、hurryさんと同様、「投稿コーナー」にある既存ページに本件を繋げておきたいのですが、よろしいでしょうか?

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 
 

レスは後ほど

 投稿者:ながた  投稿日:2019年10月15日(火)12時32分29秒 pw126193023134.28.panda-world.ne.jp
返信・引用
  すみません、なかなか忙しくてレスできていません(台風被害はおかげさまでほぼ無し)。
いろいろすごいレポートもあるようですが、後ほどコメントをさせていただきます。
 

ギヤアーム外れました!

 投稿者:佐藤  投稿日:2019年10月14日(月)03時48分9秒 ntsitm377193.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  こんにちは。hurry様、ダストカバーの完成の報、なによりでございます。
自分も先程コントロールバルブのボールスタッドを取り外すにあたり、ながた様にアドバイスいただいた通りハンドルを目一杯左に切り、プーラを薄く削りそれをやや斜めに打ち込みましたらウマく引っかかり、ようやく嵌合を解くことが出来ました。また、クロスロッドから引き抜くにあたりそのままでは下への振り幅がほとんど無かったのでパワーシリンダの根元のボルトを抜きましたら上下に振ることが出来るようになり、引き抜けました。
さて、今まで自分のコントロールバルブについていたダストカバーは社外品なのではないかと以前より疑っておりましたが、この度取り外して確認しましたところ大野ゴムの「MD-2065」(マツダ・タイタン用らしい)が無加工で着いておりました。本来なら筒状であるブーツが筒状のまま着いているということは、これを取り付けるにあたっては一度コントロールバルブ全体を取り外しての結構大変な作業だったんだと思います。取り外しはカッターで切開して取り外しました。切開して採寸したところ、全長およそ113.5mm、厚さ2mm、ボールスタッド軸の口径が15.5mm(経年劣化で広がった?)でした。
さて、この「MD-2065」がほぼ加工無しで着くのは分かりましたので部品の手配も致しましたが、取り外したこれまで着いていたものはヒビ割れこそ無いもののもはや硬化してカチカチで再び使う気にはならないので、部品の到着、取り付け作業時間の確保が出来るまでは折角作ったランクル用ブーツの加工品があるのでそれで凌ごうと思います。

大野ゴム「MD-2065」(モノタロウ)
https://www.monotaro.com/p/4027/2617/
 

コントロールバルブダストカバー完全DIY

 投稿者:hurry  投稿日:2019年10月13日(日)22時17分3秒 pkbo018-100.kcn.ne.jp
返信・引用
  ながた様(FUJII様・佐藤様)
ようやくダストカバー装着いたしました。ながた様、佐藤様、FUJII様もろもろアドバイスをありがとうございました。かなり参考になりました。
結局のところ、詳細なながた様寸法画像がありましたので、完全DIYにて作成いたしました。
(画像を貼りました)少々雑な感じですが(笑)いい線行ったと思います。もちろんNBR板で数百円で済みました。装着の絵はないですがいい感じに納まりました。
小生パワーステなのでシリンダーがあたり、シャフトが抜けきらず、シリンダーの片側をはずす必要があり、少してこずりましたが何とか納まりました。
また何かありましたら宜しくお願いいたします。
 

ガソリンの揮発量

 投稿者:ますい  投稿日:2019年10月 7日(月)15時45分54秒 p345253-ipngn200408sizuokaden.shizuoka.ocn.ne.jp
返信・引用
  お世話になります。ご返信ありがとうございます。

おっしゃる通り、ガソリン臭が全然しないんです。
自分も真っ先にフロートレベルは確認済みです。フューエルメーターは元々信用してなく、満タン計算です。

タテグロを足に使っていた時は月1満タンにしていて悪くても、7,5km/Lは走っていて、
今は3か月毎、毎回約70kmほど走行して満タンにして4km/Lほどに悪化してしまいました。走行条件はそんなに変わりません。

とりあえず、燃料を使って減らしてからドレーンを確認してみようと思います。
乗る機会が無いので半年はかかりそうですが。。。
またご報告させていただきます。

ありがとうございます。
 

アドバイス踏まえ後日再挑戦

 投稿者:佐藤  投稿日:2019年10月 6日(日)18時42分59秒 ntsitm247103.sitm.nt.ngn.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  ながた様、ありがとうございます。
また次回、次の週末にでも加工の果てに潰してもいい安物プーラ等用意して、アドバイスいただいたことを踏まえて試行錯誤して再挑戦しようと思います。
ところで、わが愛車のダストカバーはこちらに載せていただいた純正品とは若干寸法が違い、またあるべき所にグリス抜きのボッチが無い等、これも何かの流用品である感じをうかがわせております。あるいは大野ゴム等社外品があったのかな?これだとランクルのもう一つのダストカバー「45457-60010」の方が寸法的にしっくりきそうですので、既に取り寄せてあるこちらも加工して試してみようと思います。こちらはボールスタッドの通る穴は偏りなく中央でよいのですが横っ腹の大穴の処理が課題です。もろもろ、ウマく行けば良いなあ…
 

そfれでもだめなとき

 投稿者:ながた  投稿日:2019年10月 6日(日)08時44分39秒 st0309.nas811.p-chiba.nttpc.ne.jp
返信・引用
  7/8インチ位のバルブ本体固定ナット十分緩め、少し回転させるとスペースが空くかもしれません。
ノックピンがあるので注意が必要です。組み付け時も位置が同じになるように。回転したままずれていると、本体がお釈迦になります。ノックピンがキチンとハマれば大丈夫です。
 

色々頑張っている時は

 投稿者:ながた  投稿日:2019年10月 6日(日)08時32分31秒 st0309.nas811.p-chiba.nttpc.ne.jp
返信・引用
  佐藤さん、ボールスタッドのネジ山を傷める事が多いので、保護目的で、ナットは上下逆さまにして装着し、少し緩んだ状態にして、作業してください。
またハンマーだけで嵌合部分の横っ腹を叩いても外れますが、少々コツがいりますので、プーラー優先してやってみてください。
 

出先なので、、

 投稿者:ながた  投稿日:2019年10月 6日(日)08時18分9秒 st0309.nas811.p-chiba.nttpc.ne.jp
返信・引用
  佐藤さん、簡単にですが取り急ぎレスします。
プーラーは貼って頂いた画像の左上のタイプが良いと思います。少し爪が太いようなので、削ってみてください。
ステアリングは左に目一杯切って、バルブが右側に来た状態で、右斜め後方からプーラーを差し込んでセットしたと思います。あまり深く入らないのは仕方ないです。軽くプーラーのお尻をハンマーで叩き入れる感じで。
 

外れないコントロールバルブ

 投稿者:佐藤  投稿日:2019年10月 5日(土)21時57分5秒 M014008033064.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  ながた様こんばんは。
先日ランクルのブーツが到着し、採寸したところ意外にも軸穴口径含め、良い寸法でしたので足りない全長を汎用ゴムシートで切り継ぎ接着し、とりあえず試着してみようとコントロールバルブとステアリングギヤアームの切り離しを試みましたが、手持ちのあらゆるプーラ類を駆使してもスペース的に引っ掛けられず、切り離すことが出来ないので本日の作業を断念致しました。後日改めてプーラをグラインダで削る等して再挑戦してみようと思いますが、何か良い切り離し方法などございませんでしょうか。宜しくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/18