teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ファンカップリング

 投稿者:FUJII  投稿日:2020年 8月31日(月)23時24分8秒 softbank126141223136.bbtec.net
返信・引用
  ながたさん、FUJIIです。お久しぶりです。
おかげさまで、ケンメリは元気に動いております。

クーリングファンの記事を拝見しました。
以前ファンカップリングの感温部調整をした事が有りますので参考に投稿させて頂きます。

私の場合、カップリング部分の温度(≒ラジエータ温度)に関わらずプーリーの回転が常にファンに繋がる状態でした。(冷間時も直結に近い状態))

これを修理した結果、ファン空転時(冷却を必要としない時)の発進加速が劇的に良くなりました。
また、ファンの音が小さくなり、それまで聞こえなかったエンジンの音が聞こえる様になりました。
ファン直結のパワーロスは話に聞いていましたが、素人の私にもはっきり分かる差には驚きました。

事前にネットで情報を収集し、シリコンオイルの流路を温度でコントロールしている事が分かりました。
具体的には、オイル流路に有るシャッターをバイメタルで温度を感知し開閉しています。温度が低い時はシャッターが閉じ、オイルの流れが遮断され回転を伝えない状態に、温度が高い時はこの逆になります。

現物を分解すると予想した通り低温にも関わらずシャッターが全開の状態でした。
温度を上げてもシャッターは動きますが、全開は変わりません。
そこで、バイメタルを折らないように注意して、低温時のみシャッターが閉じる様に調整したところ、正常に機能するようになりました。

参考
ファンカップリング:21082-Y4000
シリコンオイル量 :約25ml(実測)
通常の整備では、分解対象では無い様ですが、他社には交換用オイルの設定が有ります。

修理後の炎天下渋滞でも、冷却水温は安定しており、エアコンも十分に冷えています(ブロア1で十分)ので問題は無いと思います。

写真は、
・調整前(低温時):シャッター開。
・調整後(低温時):シャッター閉。
・調整中(ある程度温度を上げた状態):シャッターがかなり開いている。
です。

宜しくお願いします。
 
 

続 C33用クーリングファン

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 8月30日(日)00時39分32秒 210-194-192-103.rev.home.ne.jp
返信・引用
  前回の書き込みの続きです。先週交換だけで終わったクーリングファンは、本日外気温35℃くらいに上がった猛暑日の日中、エンジン始動時は車室内46℃からエアコンONで信号多めの市街地を2~30分乗って状況を確認しました。

・ ファン2速でのエアコン吹き出し口温度: 8~9℃で安定 ※交換前は約17℃(高速道路連続走行なら5℃)
・ 冷却水温: 車載水温計で中央付近(針一本分「H」側) ※交換前とほぼ同じか、気持ち低め
・ ファン騒音: 増加 約2000rpmから上で良く聞こえる

という感じ。この外気温からするとまずまずかなと思います。
猛暑日&市街走行での効きがイマイチなのは実は去年もだったのですが、冷却水温の変化は安定していたので、伸ばし伸ばしにしていましたが、従来の部品は少し滑り気味だったようです。
ファンの風量は前回も書いた通り、各段に増えたのがエンジンルームを覗くと判ります。
純正正規品の新品だったらどうか、というのは何とも言えません。新しい設計の部品だと回転数特性が温度によって多段化、無段化しているので、今回の変更のほうが効果大かもしれません。ファンの形状進化、枚数増加も寄与しているハズです。
今回のベース部品がC33、R32、A31用で少し古いですが、中古パーツはVGエンジン系車より流通が多く安価のようです。問題は羽根の外周カットかな・・・
とりあえずは無加工でもギリ入って干渉しなかったのですがね・・・

後日「実験君」に詳細をアップしたいと思います。


ミッキーさん> ご報告ありがとうございます。以前のレスでも触れました通り、エンジン振動は本体原因のほうが傾向的には圧倒的に多いので、エンジン(燃料系統を含む)の点検で結果が出たのだと思います。
マウント原因もたまにはあるのですけどね。マウントを外したらゴムが分離していた・・・とかも実際あります。
10~20年程度では確実に劣化はしているのですが、異常を感じるレベルになる事は稀だと思います。ウチの2台の230は片方は30年近く前に一度交換、もう一台は新車時のまま47年無交換ですが、異常は特にありません。でもさすがにこの状態だと交換したあとに「あ、やっぱり劣化していたんだ」と判るパターンかと思っています。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

エンジンマウントについて

 投稿者:ミッキー  投稿日:2020年 8月25日(火)14時42分58秒 softbank060096045152.bbtec.net
返信・引用
  以前、投稿させて頂き、ヒントをもらいありがとうございました。
現在は暑くて、外で非常にゆっくりの作業になりますが、やっと解決できましたのでご報告いたします。
結果は、やはりエンジンの方が原因での振動でした。ヒントがとても参考になり、1個ずつ原因を探していって油面調整の段階で全く2番、3番のキャブに燃料が極少量しか来ておらず、ほとんど1、2気筒のみで動いていたので振動が凄かったようです。
原因は、私のめんどくさい性格から、燃料ポンプを交換したときに燃料ホースを曲げた状態でやや強引に装着してしまい、イケると勘違いしてましたがダメだったようでした。
それで、燃料ホースをきちんと交換して、フィルター等も確認して、油面も確認して、エンジンをかけたら何と振動が治まってました。キャブの調整とアイドルの回転数も調整したら多少は振動するもののかなり治まっており、快適になりました。
やはり、教えていただいたとおりエンジンからの振動はかなり大きいウエイトを占めているという事がわかり良い経験になりました。
ありがとうございました。
今度はヘッドライトのリレーハーネスです。
これは今だに作業がはかどっておりませんが、チャレンジです。
 

C33用クーリングファン取付

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 8月23日(日)22時06分58秒 210-194-192-103.rev.home.ne.jp
返信・引用 編集済
  外気温35度超の炎天下の中、一般道ではエアコンの効きが悪く(吹き出し温度:17℃)高速に乗ると何とか復活する(吹き出し温度:5℃)のが気になりだしました。ファンカップリングが怪しいので、ローレルC33(他にはセフィーロA31/スカイラインR32)用ファンカップリング&8枚羽根ファンに交換してみました。
もうちょっと新しい年式が良かったのですが、かなりの低価格だったので、とりあえずお試しで。

ポン付けできるかできないか、付くことは付きます。しかしかなりのギリギリ。まずはファンとラジエータの距離が2cmを切ってしまう、ファンシュラウドと羽根のクリアランスは5mm程度。
これだと安全面でも微妙なのと、ファンベルト交換でファンを外さなければならないなどを考えると、少し加工が必要になりました。
加工は2点。

① 羽根の外周を1cm切る
② カップリンング、ファンの取付の前後を変える

これでほぼノーマルのクリアランスになりました。
ちなみにカップリング単体の回転抵抗(手で回した時の重さ)を比べると、

 装着していた230用 < 予備に持っていた中古の430用 < 今回入手の中古のC33用

だったので、確実にファンの回転が上がります。しかもファンも8枚羽根なので風量アップが期待できます。

エンジン始動をすると、風を切る音が大きくなったのが判り、風量も感覚的な話ですが増えています。
今日の関東地方は猛暑日ではなかったので比較にはなりませんが、アイドル状態でブロア2速でエアコン吹き出し温度が5℃台になったので、まぁ、合格か・・・?

もう少し様子見します。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

こちらこそ!

 投稿者:おか のり  投稿日:2020年 8月 3日(月)12時46分39秒 sp49-96-16-174.mse.spmode.ne.jp
返信・引用 編集済
  いつも感謝しております。
よろしくお願いいたします!
m(__)m
 

ご報告ありがとうございます

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 8月 1日(土)23時39分51秒 210-194-192-103.rev.home.ne.jp
返信・引用
  おかのりさん>時間が掛かりましたが、直って良かったですね。やはり部品が無いと大変です。また何かありましたら書き込んでみてください。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

本日納車。

 投稿者:おかのり  投稿日:2020年 7月28日(火)21時13分5秒 opt-183-176-46-12.client.pikara.ne.jp
返信・引用
  皆様のご教授のおかげで、無事本日修理から帰って参りました。アイドリングも安定しており、まさにエアレギの故障でした。

場所的にエアコンコンプレッサーのすぐ真上にあるので、エアコンの修理作業の時に少しHITしていたのかなとかも思いますが、それは判りませんね。

助かりました。どうもありがとうございました。


 

ありがとうございます

 投稿者:佐藤  投稿日:2020年 7月20日(月)03時12分5秒 M014008033064.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  ながた様、ありがとうございます。
まさに長い間車を出す機会や窓を開ける機会が無かった時の久々の開閉動作で起こったのでした。開ける時の取っ掛かりのパワーが足りなかったような、重量物を載せた台車が転がり出せば楽だけど最初の押し出しの力が出せないような様子でした。昨日実家の現代車でも久々にパワーウインドウを開ける操作をするも一瞬反応無く、ワンテンポ遅れて「ガバッ」と音を立てて開いたので、その類の現象なのかと思います。ゴム加工も視野に入れて少し注意を払って様子を見てみようと思います。

サービスバルブですが、使用できるようで良かったです!先日モノタロウ内でも関連を伺わせないような別名で単品売りもしているところを見かけました。自分も取り寄せしてありますので、多分来年以降になってしまいますが次回冷媒交換の時にバルブ総交換しようと思います。
 

レス

 投稿者:ながた  投稿日:2020年 7月19日(日)20時13分38秒 210-194-196-249.rev.home.ne.jp
返信・引用
  佐藤さん>そうですか、となるとP/Wは絶好調ということですね。先日の「摺動抵抗が大きい」と書き込みいただいたところと整合性が合わないようにも見えますが、長時間全閉状態からの一発目だけ重いなど、特定の条件が揃った時だけ発生するのであれば、その自作ゴムの不安要素は改善したほうが良いかもしれませんね。いずれにしても、バッテリがやや元気のない時はキーON&エンジン停止状態なら再発の可能性がある(始動後で電圧が上がれば直る)ので、少し注意が必要なようです。

ところで、先日ご紹介いただいたエアコンのチャージバルブ(サービスポート)の補修部品を入手しました。ネジ径も合っており予備のSTVに装着してみましたが問題ありません。これで代用可能決定です。
この部品にすると、中の虫ゴム単品で交換できるので、今後のメンテナンスも容易になります。交換は少し先になりそうですが、次回コンプオイル交換とセットで実施する予定です。

http://cedglo230hb.kilo.jp/

 

ウインドウ開閉速度

 投稿者:佐藤  投稿日:2020年 7月18日(土)19時19分38秒 M014008033064.v4.enabler.ne.jp
返信・引用
  ながた様、ありがとうございます。
早速開閉速度を測ってまいりました。
開2.6秒 閉2.4秒
と、極めてスムーズでした。
昨年か一昨年前に全ドアの昇降機構に給油をしております。
それにしても、モーターのみならずレギュレータ一式まで前後共通部品であるとは驚きでございます。
 

レンタル掲示板
/28