teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/104 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

パワステ不良

 投稿者:古田  投稿日:2019年10月27日(日)23時40分39秒 softbank060093064110.bbtec.net
  通報 返信・引用
  車種名・グレード名:セドリック2600GX
車両型式: H230
年式:      1974
エンジン型式:   L26
ミッション種類(例. 4速コラムMT):  5MT
ボディータイプ(例. 4ドアセダン):  2ドアH/T

ながた様>お久しぶりです。岐阜の古田です。
先日、関東方面へ遠征に行った時の事ですが、パワステのアシストが効かなくなり、パワステオイルがエンジンルーム内(特に右側)に吹き上げてしまいました。
詳しい状況を説明しますと、岐阜を出発し高速道路を170kmほど走った所で休憩の為SAに入ったところステアリングが重い事に気が付きました。ボンネットを開け確認したところ、その時点ではパワステベルトの切れも無くパワステオイルも定量入っていました。
実際の所、ステアリングを45度以上切らないと重い事に気が付かないため、高速道走行時には気が付かず、どの時点で重くなったのかは分かりません。
その後100km程度走行した後にボンネットを開けて見たところ最初に書いた通りの状況で、タンクの中のオイルもほぼ空の状態でした。
とにかくボンネット内側からタペットカバー、インナーフェンダ、バルクヘッドと辺り一面オイルまみれで何処からオイルが噴出したか特定が難しい状態でしたが、プーリ―のシャフトシールでは無いようでした。
何らかの原因(コントロールバルブとか)で低圧側に高圧が掛かり低圧側よりオイルが噴出したとかではないかと思いますが、故障の診断方法はありますか?

なお、2年前にエンジンルームの整理整頓をした時に(画像1)、ACガスがダダ漏れで使用していなかったエアコンのコンプレッサを撤去しACベルトの代わりにクランクプーリ~アイドラプーリを直接つなぐベルトに変えましたが(画像2)、プーリ比とかは考えていません。パワステポンプの回転過多等も関係しますか?

以上、長々とまとまりのない文章を書いてしましましたが、よろしくお願いします。

 
 
》記事一覧表示

新着順:13/104 《前のページ | 次のページ》
/104