teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:66/581 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大事でなくてよかったです

 投稿者:ながた(管理人)  投稿日:2021年11月28日(日)11時01分36秒 119-171-148-201.rev.home.ne.jp
  通報 編集済
  FUJIIさん>いやいや、その程度でよかったと思います。
あとは機会を見てトランジスタ式に変更をオススメします。トルク感が増すなどの変化はセミトラでも味わえます。とはいえもう製品がないかも?なのでフルトラですね。フルトラになれば通電角制御付きが大半です。これを入れれば外部抵抗も不要になるので、閉磁路コイルなども使えるようになります。なお、ご存じかとは思いますが純正の外部抵抗とセットで使うコイルを抵抗器だけ外して直結することはできません(インピーダンスが違うため)。


アイドル回転数制御は一般的にフル電制ですが、小排気量エンジンだとオルタのトルク損失の影響度が高いので、エアコンのアイドルアップと同等のものがあったと思います。


排ガス値のほうは悪くないと思います。1.1mmでHCが上がったのは失火率が上がったかもしれません(多少の違いは触媒で均されてしまうことも多いので、測定誤差の可能性も否定できません)。プラグに掛かる要求電圧は空燃比や内部圧力などで変化します。要求電圧が上がる=失火しやすい状況で主なのは、始動、アイドル、加速、減速、冷機時全領域です。こうやって書くと暖機後定速巡行以外全部か・・・
エアフロは絶対大丈夫までは言い切らずで様子見でいいと思います。

少し脱線しますが、O2センサー付きの車両でもアイドル時は空燃比フィードバック制御はほとんどしません(年式により完全固定ではなく半固定=制御率を大幅に下げる場合もある)。これはO2センサーの信号では十分に制御できない、というのが正確な言い方です。O2センサーというのは空燃比14.7の理論空燃比のところの1か所でしか反応しません。しかも反応が遅いです。それ以外の空燃比となる上記(先述の要求電圧が上がる状況)ではO2センサーは反応しないのと、14.7に制御されてしまうと不調になる領域なのでフィードバック制御を止めます。アイドリングの空燃比は14.7だとちょっと薄く、12くらいです。O2センサーの機能チェックは完全暖機後に約2000rpm一定に吹かしてしばらく置くと、モニターできる云々と言われるのはこの辺にあります。
21世紀に入ってリーンバーンが普及してくると、O2センサーでは役に立たないのでA/Fセンサー(空燃比センサー)が採用されます(主に触媒前のみ)。A/Fセンサーだと理論空燃比以外の領域でも空燃比検知できるのでアイドルでも制御可能になりました。A/FセンサーをO2センサーと言い続けるメーカーもあるようですが。

http://

 
 
》記事一覧表示

新着順:66/581 《前のページ | 次のページ》
/581