teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:16/261 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

330以降用クラッチカバー流用

 投稿者:佐藤  投稿日:2020年 9月23日(水)02時33分56秒 M014008033064.v4.enabler.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
  ながた様、ナオ様、こんにちは。
自分も2年前に漏れを疑わせるエンジンオイルの焼ける匂い発生と同時に半クラッチ時にジャダーを伴う事態に頻繁に遭遇しましたので、実験君コーナーの記事を参考に330用クラッチ流用オーバーホールを実施致しましたので、参考になればと思い書き込みさせていただきます。
なぜ330用を流用するに至ったかですが、これは本来の230用のクラッチカバーの製廃等による部品探しの難しさからでした。ただ、これに関してはL20の230用で探した自分の探し方が悪かったのかもしれませんし、ながた様の仰ったL26用で探すという発想は無かったので、未確認ですがL26用で探せば今でもあっさり部品が手に入るのかもしれません。
さて330用クラッチカバーの流用ですが、日立パロートの社外純正相当品V2-2261を調達し、お値段はネット通販で10000円+税ほどでした。添付の写真の様にカバー厚みが全く違うので、この薄いカバーを押す為により長いベアリングスリーブが必要になります。実験君コーナーにあった番号でスリーブを注文した所、後継部品として写真3枚目の30501-1C104が出てまいりましたのでそれを調達、交換致しました。カバー厚み、スリーブ長さの違いは12mmほどだったかと思います。その他クラッチディスク、クランクとミッションのオイルシール、レリーズベアリング等その時交換出来る物は粗方交換致しました。
より薄く軽いクラッチカバーに交換し、軽量化の効果はよく分かりませんでしたが、ダダダダっと跳ねる様なジャダーは解消し、今でも問題無く使用出来ております。調べてみるとこの部品はMTのY31営業車まで共通の様ですので、これで当分部品調達で困る事は無いかな?と思います。
比較写真は左側が230純正品でございます。
以上、何かの参考になれば幸いに存じます。宜しくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/261 《前のページ | 次のページ》
/261