teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:66/261 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

エアレギュレータ

 投稿者:FUJII  投稿日:2020年 6月14日(日)16時25分35秒 softbank126242149042.bbtec.net
  通報 返信・引用
  ながたさん、おかのりさん、FUJIIです。

お久しぶりです、51年L20E スカイラインのFUJIIです。
昨年は点火系の件で大変お世話になりました。
おかげさまで不調の原因(点火1次、2次両方のへたり)がはっきりと判り
今のところ、これに付き合いながら(ポイント式のまま)運行しています。

おかのりさん
エアレギュレータが全く機能していないようですね。
ながたさんのおっしゃる通りと思います。
書かれていませんが、修理屋さんが見ているとの事ですので、大丈夫と思いますが、
エアレギュレータの単体チェックで、電気的な導通は確認済みでしょうか。
参考に51年規制のL20E用は60Ωです。(RB用と似た形状)
53年規制なので形状が全く違いますが、似たような原理と思いますので同程度の抵抗値を
示すと思います。
抵抗を測るだけでなく、実際に電圧を掛けて断線状態にならないかの確認も必要と思います。
(ヒータが物理的に動く場合が有りますので)

中古品を利用する場合
 型番が近く、形状が同じで取り付けができる場合、ながたさんのおっしゃるように
 冷間時のアイドリング回転数が変わる可能性が有ると思います(エア流路の広さが違う場合)
 もし高い方に振れるようであれば、ガスケットの開口を絞る事で、調整出来るかも知れないですね。

現物を修理する場合
 電気的な不具合が無いとして、本来分解しない部分を分解し、可動部全体を清掃出来れば
 修理(場合によっては調整も)出来るかも知れません。
 53年規制用エアレギュレータの現物は見た事が無いのですが、配線の繋がる部分の近くで
 分離できそうなところは有りませんか?
 私の場合(51年規制)接着している部分を外す事が出来ました。
 これにより、内部構造(仕組み)も確認出来ました。

ながたさん
 エアコンの冷媒は、私も同じ炭化水素系の物を使用しています。
 参考に電装屋さんで入れてもらった時の値をお伝えします。
 外気温 :おそらく25℃程度(記録無し)
 吹出し口温度 :記録無し
 高圧 :9.0kg/cm2
 低圧 :1.4kg/cm2
 冷媒量 :200g
 これで十分冷えてます、またパワーダウンは体感できるくらい少なくなりました。
 私の場合、優先したのは、冷え具合よりも腐食性の成分が入っていない事です。

最後に、以前お世話になりました点火系の改善ですが、オルタネータの容量UP若しくは
回転数UP(プーリーの小径化)を検討中です。
理由は、点火ミスが発生するのはアイドリング時のみで、その時の電圧が明らかに低い
(充電でなく放電になっており1次電圧が下がっている)事が確認出来たからです。
プラグギャップを変えた時の排ガス濃度ですが、誤差範囲でした、ご報告が遅くなり済みません。

長文、失礼しました、今後ともよろしくお願いします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:66/261 《前のページ | 次のページ》
/261