teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ガガ ミラノ時計偽物,(1)
  2. ☆LV1N主な販売2013年最新作ブランドコピー新品☆(0)
  3. 2013最高品質新作モンクレールコピー(0)
  4. 所沢警察署 巡査長 高木直人をわいせつ行為で逮捕(0)
  5. 偽物財布コピー、偽物時計コピー(0)
  6. 中日貿易偽物 コピー專門店lv-market.net(1)
  7. ブランド偽物 98jp.com(1)
  8. ブランド偽物_ブランドスーパーコピー激安市場(0)
  9. 偽物エルメスバッグコピー(0)
  10. 偽物エルメスバッグコピー(0)
  11. ブランド激安市場偽物財布コピー、偽物時計コピー【bag26】(0)
  12. iphone4sケース(0)
  13. bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag37.com→Rolex 超n品n品bag(0)
  14. ■ブランド偽物<bag26>ブランド激安市場(0)
  15. ブランド偽物 98jp.com(0)
  16. ルイヴィトン偽物/シャネル偽物bag26.com(0)
  17. 新舗44bag 新型-大注目!注文特恵中 !! (0)
  18. 新舗44bag 新型-大注目!注文特恵中 !! (0)
  19. 新舗44bag 新型-大注目!注文特恵中 !! (0)
  20. ヴィトン偽物,ヴィトンコピー(0)
スレッド一覧(全38)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


おめでとうございます

 投稿者:75染五郎  投稿日:2018年 5月26日(土)17時27分11秒
  春の勤音、知事賞受賞、おめでとうございます。
音源、聴かせていただきました。
自分が参加していた頃より、さらに技術的に向上しているように思います。
指導者の素晴らしさもありますが、声が若くて感動しました。
声の若さは、指導者の力量だけでは引き出せないところだと思うので、むぎふきOB合唱団にかける皆さんの情熱が、そこにつながっているのだと思います。
こちら、来月62歳になりますが、予想していたより定年後の方がいろいろと忙しく、後数年は参加するのが難しそうです。
今は陰ながら応援する事しかできませんが、さらに上のレベルまで到達できますよう願っています。
 
 

日曜レッスン

 投稿者:’67めいじん  投稿日:2018年 5月26日(土)09時40分6秒
編集済
   明日のレッスン、パートレッスン曲は”待ちぼうけ”、”町”、”とむらいのあとは”、”芭蕉布”、”星よおまえは”等考えています。先生には”泉のうた”、”とむらいのあとは”、”町”をお願いしました。楽譜は全部ご用意くださいね。 楽しいレッスンにしてゆきましょう。
 それから、11時からは拡大実行委員会、技術部会も行いますので大勢のご参加お願いします。
 

何処までも進化する・・・

 投稿者:64   Q  投稿日:2018年 5月25日(金)02時01分24秒
   アルコ~ルのせいか はたまた歳のせいか 名人の送ってきた勤音の演奏を聴いて・・・ポロポロポロポロ・・これまで数多く(むぎふき)で舞台に立ってきましたが 今回の演奏が一番素晴らしく聴こえるのですが(2曲とも小生の大好きな曲のせいかも?)・・勤音に向けて自分で練習する際に(農夫と土)は東京混● (浜辺の歌)は京都エ●~の演奏を何度も何度も聴いてきましたが我が(むぎふき)の演奏も決して遜色ないぞ~!!…そんな風に思わせる程素敵に聴こえて・・思わずグス グス・・・。特にソプラノがFULLメンバ~でないのに・・最高に素敵! ベ~スも何時になく?最高!  アルトはたった4人なのに・・凄い!  勿論テナ~は?何時もの様にいい~ぜ!     ドラちゃんのRECORDERが上質なせいかも知れませんが・・・本当に感動しました!!   ぜひこれをU先生やM先生にも聴いてもらいたいので 名人殿!宜しくね!  これでFULLメンバ~で歌っていたら・・・・どんなに素敵に響いた事か・・ ドンドン進化する(むぎふき)・・・過信は駄目だけれど自信をもって演奏会に臨みましょう!! その裏付になるこれからの練習 頑張りましょう!!    改めてU先生、M先生の指導力に最敬礼!!   少し酔った勢いで書いたけれど・・・素面の時でも同じ様に心を震わせたと思います。  おやすみ!  

音源、届きました♪

 投稿者:QP  投稿日:2018年 5月24日(木)22時25分10秒
  名人さん、「勤音」の音源届きました♪ バッチリ2曲とも聴けました♪
色々ご苦労してくださったようで、いつもありがとうございます。

思った以上によく歌えてるなぁ~と思いました。
盛り上がりも、力強さもたおやかさもあります。ヒロリン先生の指揮に集中できるよう、みなさんが努力された様子が伺われます♪何度も聴いて酔い痴れております~♪
TOMO先生のピアノが流石です!!

更に進化した、もっとたくさんのボリュームある歌声を演奏会に披露出来ることを夢みて、頑張りましょう♪

絵  「農夫と土」のイメージ(ミレーの「晩鐘」より)
 

嬉しさの中での美酒に・・

 投稿者:64   Q  投稿日:2018年 5月22日(火)03時28分26秒
   昨日は皆様本当にご苦労様! エルダ~さんが克明に当日の我々の演奏を報告して下さっていて大感謝です!    審査員の先生方の評価も詳しくでっちどんが載せてくれています。   先生方の細かい注意点を是非念頭に入れて更なる進歩を目指しましょう!昨日は余りにも嬉しくて美味しいお酒が普段の三倍位の美味しさ…最高の気分でした。  そして無謀にもQチュ~ブなるもので四人で挑戦!! (むぎふき)Qチュ~ブでエントリ~するか、(いろ〇)Qチュ~ブでエントリ~するか迷ったのですが・・きっと(むぎふき)は入賞するぞと確信していたので(いろ〇)Qチュ~ブでエントリ~しました。 (むぎふき)とか(いろ〇)の冠を付ければ2千円エントリ~代が安くなるので了解をもらってそうさせて頂きました。(せこい?ネ)   勤音は府民祭と違って出演団体が少なくて・・一団体でも多くエントリ~をと要請していて
 少しでもその要請に応えられればと・・それも動機の一つです。  (いろ〇)では月に一回(TRIALコンサ~ト)なるものがあって 個人か少人数で無理やり?歌わされるという場があって それで少し度胸がついたと云うのも又動機の一つです。 『まあ4人で赤っ恥をかこうや!』と言って出たのですが・・・特別賞(お情け賞かもね)なるものを頂いて・・本当に気分良くしています。    前に名人とドラちゃんとQPが出演した(ドラ猫?)も凄く受けましたね!!  又是非挑戦すれば!?   ただし合唱とは少しジャンルが違うので交流の場でネ!!    勤音・・・我々の学生時代は何十団体も出場していた記憶があります。 歌う事に線引きして何時までも(音サ協)と (うた協)に分かれている事が・・寂しい限りです。  さてさてこの知事賞で勢いを得て演奏会に弾みをつけて頑張って行きましょうぜ!  今度のレッスン欠席者が多いので少し残念ですが 参加者はその分頑張らなくては!!!
  今度の実行委員会で演奏会のプログラムの骨子位は出来上がる様に相談しましょう!     昨日は本当にご苦労様でした!!!・・・本番前にベ~スのみんなが必死に楽譜を確認しながらお互いが音の確認をし合っている姿を見て・・皆さんの意気込みに・・グ~ときましたよ!   お・・や・・す・・み                            
 

27日レッスン案内と勤音講評など

 投稿者:デッチ(67)  投稿日:2018年 5月22日(火)02時10分46秒
編集済
  一、27日(日)のレッスンに是非多くの方のご参加を!
 勤音と2週続きになりますが、演奏会めざして、「泉のうた」「待ちぼうけ」「星よお前は」「芭蕉布」「ケヤキ」などに本格的に取り組んでいきますので、ぜひご参加ください。
 レッスンは午後1時から中西ホールです。技術部会&演奏会拡大実行委員会は午前11時からです。よろしくお願いします。

二、勤音講評
1、講師の先生方より
K先生(指揮者)
①浜辺の歌
Andantinoの表情ですよね。
最初のピアノの2小節とソプラノのみ小節が慎重すぎたかな。
最後のフェルマータ―のバス!!きまってない 惜しい!!
②農夫と土
最初からうたわすね!
最後はもう少し落ち着いてもよいのではないでしょうか?
全体として
よく声も出ていてよかったです。
少し、「農夫と土」のあらさは気になりましたが…

U先生(声楽家)

・16分音符の後の音(スラーで繋がれている二つの16分音符の二つ目の音)に息が送れていないので声が前に来ない
・柔らかい演奏
・落ちついた、温かい音色
(息のスピードの緩急の差で曲にゆらぎが出てすてきになりますヨ)

・最初のAndante、レガートに
・全体によくまとまっている
・Sopが全体の柔らかい音色に混じらない。ここが解決したらもっとGrandoosoになると思います。Sop、のどの狭い声が突きぬけてくるのが残念。

N先生(合唱指揮者)

おお~本日初めて<ハモリ>に耳が反応した!!嬉しいです。きれいなハーモニーへ、あと一歩!声の訓練に跡が感じられて好感。丁寧な音楽作りも高く評価しました。

<佐藤眞>で表現の幅をぐっと広げて!!歌詞のとらえ方にあとひと工夫して下さい。
全体として
指揮のU先生さすが!!ですヨ

2、連合講師の方より
<京都I合唱団・Fさん>
①ひたひたと波が打ち寄せるように聞こえてきてステキでした。情感たっぷりでした。ハーモニーがきれいです。
②曲想をしっかり歌い上げておられました。歌声が若いです。よかったハーモニー、力強さもやさしさもあり。
<合唱団I・Iさん>
①声が若いです!うらやましい!一方ではもう少し経験にみあった声の厚みもほしいなぁと思います。
<S混声合唱団・Oさん>
①ハーモニーがとてもきれい。すばらしかったです。
②これもパーフェクトでしたね。言葉がないです。

3、各講師が選んだベスト5(コンクール出場15団体・個人の中で)
K先生 ①Ta(ソロ)②むぎ・ふき③民謡合唱団K④合唱団I⑤女声合唱団A
U先生 ①民謡合唱団K②むぎ・ふき③合唱団I④Ta(ソロ)⑤Tu(ソロ)
N先生 ①むぎ・ふき②女声合唱団A③民謡合唱団K④Ta(ソロ)⑤ラ フル


 役目柄、主宰者録音のテープを預かり、家で演奏を聴くことができました。今回は残念ながら出演をパスされたエルダーさんが早速評してくださっているように、この演奏はこれまでの演奏とは質の違う、少し大袈裟に言えば、OB合唱団の演奏史の画期となる演奏になったのではないか、と思いました。もちろん不十分な点は多々あるし、先生方からすればもっと色々あるのでしょうが、<浜辺の歌>は<浜辺の歌>として、<農夫と土>は<農夫と土>として、曲の魅力を音楽的に表現するということが(初めて)ある程度できたのではないかという思いです。それはU先生が真剣に熱心に私たちに求め、引き出してくださった、そして私たちもある程度それに応えられた結果だと思います。本当にありがとうございました。
 今回、ピアノを中央に持ってきて、M先生の伴奏と合唱も一段とマッチしたように思います。特に<浜辺の歌>のピアノは聴かせます。編曲者の林光はこの曲を含む一連の日本抒情歌曲集において、「ピアノ・パートは、伴奏というより、協奏的なものです」と書いていますが、その魅力が十分に伝わってきます。ありがとうございました。
 この録音テープは日付の変わった今日にも名人の手に渡りますから、間もなく音源として配信されることでしょう。今週末27日のレッスンの際にも皆で聴いて、感想を出し合いましょう。
 

勤音「知事賞」おめでとうございます!!

 投稿者:QP  投稿日:2018年 5月21日(月)21時04分11秒
編集済
  今日は、「蒼穹」と云う言葉が相応しい素晴らしい青空が広がりました♪
まるで「知事賞」を天まで祝福してくれているような爽やかな一日でしたね。
参加のみなさん、おめでとうございます!♪そして、お疲れ様でした。

エルダーさんが、会場からの感想を克明に書いてくださって有り難いです♪
いつも会場からはどんな風に見えているんだろう?聴こえているんだろう?興味がある処でした。
エルダーさんも、楽しみに会場に来てくださり、また、貴重品の管理もしていただき、安心して舞台に立つことが出来ました♪
ピカさんの奥さんも来場してくださり(毎回、来てくださってます)むぎふきの「進化」を伝えてくださいました。
ちょんぼさんも育チンさんも、結果報告を愉しみにしていてくださった由。応援してくださる方々がいてくださるって、本当に励みになります。ありがとうございます。

さて、舞台裏は…と云うと、余裕も何もなく(笑)直前リハサールまでヒロリン先生を悩ませていた現実があり、エルダーさんもおっしゃる通り「伸びしろ」のある演奏でした。
講評も、これからに繋がる良い評価をもらい、想いの丈が会場に伝わる歌い方の言及がされているのがありがたいですね。ヘコまずに頑張りましょう!!
ヒロリン先生のマジックに毎度助けられて、辛うじて「形」になった演奏でしたが、確実に私達の実力も進化しているのも感じる今日この頃。。。貪欲に私達も「上」を目指せる練習をしていきたいと思う「勤音」でした。
いつも私達の演奏をバックアップしてくださるTOMO先生にも感謝です。

またすぐにレッスンを控えています。演奏会に向けて、いいご褒美をいただき勢いを付けて、より多くのレッスン参加者を期待します♪

昨日の参加者です

ソプラノ カマ、デコ、セッちゃん、チロ、うらん、利休(6人)
アルト  キャシー、ゲラ、タレメ、QP(4人)
テナー  Q隊長、スーさん、アンカケ、三太郎、マッサン、どら、にぎり(7人)
ベース  工務店、デッチ、ガンタ、ゴジヤン、ビンちゃん(5人)

以上22人で頑張りました。パートバランスとしてはやや不安な構成でした。やはり6人平均は欲しいですね。
ヒロリン先生、TOMO先生、本当にありがとうございました。
また、録音や講評が発表されると思います。参考にしてください。

Q-tubuのみなさんも「特別賞」良かったですね♪\(^o^)/
連合講師で一日頑張ってくれたどらさん、いつも要員を務めてくれるマッサンと利休、本当にお疲れ様でした。ありがとうございました!!



お絵描き 「初夏の庭先」 ちょんぼさんアレンジのものと「猫のいる風景」♪
 

勤音祭

 投稿者:エルダー  投稿日:2018年 5月21日(月)18時50分34秒
  「むぎ・ふき」の皆さん、昨日は最高の知事賞と特別賞の受賞、おめでとうごじます。(ただし『いろりQ-tube』は「いろり」所属というべきか?)

「むぎ・ふき」の演奏を始めて客席で鑑賞させていただきました。なかなか感慨深かったです。

「なにが・どんなふうに」って?

私が最後に練習に参加した時より、格段に技術の上がった演奏はもちろんのこと、皆さんの落ち着いたステージ・マナーも(さすが回数を重ねただけあって 洗練されてきました)、ステージに出てきてから整列するまでも(立ち位置の間隔が最終的にはちょっとばらついていましたが、中央から左右に広がっていくという、例のあのユーニークな登場の仕方)------と、最初から最後まで「舞台にくぎ付け」でした。

『浜辺の歌』は 最初のソプラノの一声から、「わァ、すごい!」と引き込まれました。

まず、声が明るくて柔らかかった。

柏森先生の全体講評では「高くて硬い声はダメ」。「声が浅い。もう少し、声が飛んできて欲しい」と言うことでしたが、今回の「むぎ・ふき」の演奏に関しては。この点はかなりクリアできていたのではないでしょうか?

この講評で、今でも私が思い出すのは、私たちの以前の『飛べよ 鳩よ』の演奏です。

柏森先生が最初の女声に「びっくりして目が覚めた」とおっしゃったのです。(覚えています?)私はこれを長い間、「褒め言葉」だと思い込んでいました。ところがずいぶん後になって、全くの逆だったことを知らされました。

ハックルから、これは私たちソプラノの声の「硬さ」を先生が彼独特の皮肉で批評されたのだと言われたのです。

そういえば、私自身キンキンの硬い声を張り上げていました。(遅まきながらスミマセン!)(汗)

「高く硬い声」については、反省することばかり。『ラ・ゴンドリーナ』の最後のソプラノ部分。

『民衆の歌』もしかり。モン停での『民衆のうた』のパート練習でのこと、ソプラノでは皆がそれぞれに個性(?)を競い合い、迫力だけがあって、なんとも声のまとまりのないパートを作り上げていました。(自分でも歌いながら、自分の声を「ウルサイナァー」なんて思っていました。)(再びスミマセン)


アルトの5人さん、いつも声が一つに聞こえていました。個性を消してメロディーパートを支え、始終、柔らかく心地よい響きを伝えてくれました。

『浜辺の歌』で主旋律が男声に代わる所、力まず気負わず、ソフトで伸びやかな声が素敵でした。途中、一カ所ばらついたところを除いては、なかなか聞かせてくれました!(「むぎ」の男声も、こんな柔らかい響きを出せるんだ----とちょっぴり感動!)

それにかぶせて女声の短いハミング:「う~ゥ、う~ゥ」の繰りかえしは、打ち寄せる波のようで、酔わせてくれました。

舞台に立つまでに、細かい点にまでこだわり、しっかり歌い込んできたなァ----と感じさせられる出来でした。

女声10名に対して男性12名! 男声が女声を超える合唱なんて「むぎ・ふき」だけでしたよね。そのおかげもあってか、特に『農夫と土』は、曲の強弱のメリハリのきいた表現豊かな演奏になっていました。


------まァ、そんなことを思いながら、一人感慨に浸っていたわけであります。

それに団の再結成以来11年の歳月を重ねてきたこと(今回、デッチさんの挨拶文で知りました!)、素晴らしい指導者&伴奏者に巡り会えたこと、その間、団員みんなの絶え間ない向上心があったこと、その他諸々の条件が、今回の二度目の知事賞に繋がったのでしょうね。改めて

おめでとうございます!

後にご指導くださった先生に「素晴らしかったです!」とお伝えしたら、「まだまだ不十分な点がいっぱいです」とのこと。------ということは、まだまだ「伸びしろ」がいっぱいということですね。今後が楽しみです(なんて、ちょっとヒトゴトみたいだけど----。)


最後に『いろりQ-tube』も素晴らしかった。演奏が終わった瞬間、「特別賞」を確信しました!(ホントです。以前の「プーさん、名人、ドラ & QPさん」のバンド同様に。)こんどは『むぎ・ふきQ-tube』で出てくださいね。

もう一つ最後に、ドラちゃん、利休さん、まっさん、いつものことながら演奏会を支えるお仕事、ご苦労様でした。(いずれも現役で仕事を抱えておられるは方ばかり。本当にお世話さま!)


?
 

(無題)

 投稿者:チョッピリキキカンカンジテルめいじん  投稿日:2018年 5月21日(月)00時00分58秒
編集済
   勤音1位知事賞、おめでとうございます。Qtubeさんも特別賞というダブル受賞。本当に良かったですね。参加できなくて残念です。デッチ君の”傾向と対策”も功を奏したようで良かったです。ありがとうございました。演奏会にむけて弾みがつけばうれしいです。
 先生方には大変なご心配をおかけしたようで、心苦しいです。少ないレッスン時間でここまで仕上げてくださったことに感謝しています。
 5月のレッスンも近づいてまいりました。演奏会までの通常レッスンは後10回です。今後のレッスン計画を立てなければなりません。限られた時間を有効に使うための方策を皆さんと一緒に考えましょう。とりあえず技術部の皆さんと相談してみます。皆さんの気持ちが一つになれば、きっとすばらしい演奏会ができること、今回の勤音の演奏が示してくれているようです。どうか、一人でもたくさんのレッスン参加を望みます。
 

勤音・歌い方(対策)、メッセージ文紹介、当日についての諸連絡

 投稿者:デッチ(67)  投稿日:2018年 5月17日(木)06時33分6秒
   春の勤音―今年初めての〝本番〟が迫ってきました。歌う曲は「浜辺の歌」続いて「農夫と土」。一昨日あたりから、音源を聞きながら楽譜を見て、先生の指示を思い出しながら(歌って)いるのですが、正直、大変です。特に「農夫と土」。
 この投稿の本来の目的はあとで出てきますが、今の僕の頭のかなりの部分を占めている「農夫と土」の歌い方〝対策〟についてまず書きます。
 1、曲の展開(変化)がともかく早いので、リハーサルの段階になってやおら楽譜を取りだし、それに首っ引きで歌うなら、何も出来ないまま、あっという間に終わります。先生の指示はほとんど守れないでしょうね。
 2、一夜漬けでも何でも、とにかく先生の指示をなぞるように何度も歌ってみて、大体のことを頭に入れて、むしろ先生の指揮をしっかり見て歌う(楽譜はチラチラ)ほうが、曲の展開について行けると思います。先生の指示も思い出しながら歌えるでしょう。
 3、指示の中でも、しっかり守らないといけないポイントの一つはブレス。出だしの、「たねをまく∨つち」の∨までノーブレスでcresc.して、∨で全員がブレスして、揃ってmfで「つち」と歌う。このようなブレス(ノーブレス)が何度も出てきます。二つ目は「あさ あさ ほしを見て ほしを見て」の歌い方。「ほしを見て」は「あさ」から一転して、レガートに歌うこと。三つ目は「たねをはぐくむ はぐくむつちこそは」とそれに続く「たねをまくものの ゆめだ のぞみだ」の歌い方。「つちこそは」までは〝内圧〟は高めながら(押さえ目に)歌って、「たねをまくものの」からは「たね」の「た」、「まく」の「ま」、「もの」の「も」など、言葉の初めを大切にして(Geraさんの投稿のとおり)躍動的に歌う。続いての「そしていのりだ」の繰り返しは強弱、テンポ、ブレスが目まぐるしく入れ替わるので、特に指揮をしっかり見て歌うことが四つ目。続いてのベースの「Ah-」のド・シ・ラ・ソはcresc.なので、やはり指揮をしっかり見るというか、先生が一緒に(歌って)くれているのでその口元を見て歌うことが五つ目。
 ・・・他にもいっぱいあるのですが、これまでGeraさんがまとめてくださっているのをぜひ読んでください。なお、(指揮を見る)ことは現状で一番大切なことですが、声は会場の後ろの方へ飛ばすつもりで、顔を上げて、喉を開いて(力を抜いて)、歌いましょう。

 さて、本題です。僕らがどんな「メッセージ」とともに入場して歌うのか、やはり知っておいてもらわないといけないと思い、その文章の紹介です。
 「こんにちは。同志社むぎ・成安ふきのとうOB合唱団です。結成してから11年が経ちましたが、先生方にぐいぐい引っ張られて、歌うことの楽しさ、発表することのワクワク感でいっぱいの、若~い!合唱団です。来年3月には念願の第2回演奏会も開きます。今日はその演奏会の曲目の中から、「浜辺の歌」と、カンタータ土の歌から第1楽章「農夫と土」を歌います。どうぞお聴きください。」
 というものです。「歌うことの楽しさ、発表することのワクワク感でいっぱいの、若~い!合唱団」の部分が、来場の皆さん、講師の先生方へのアピールになるのですが、心中は先生の指揮についていくのに必死でも、入場の時から最後まで笑顔で、そして自分の気持ちを言葉に乗せて歌いましょう。

 最後に、勤音当日の必要事項を再掲載します。新たに打ち上げのことも書いていますし、点検のために再度、お読みください。
 ◎5月20日(日)、右京ふれあい文化会館
 ◎集合:午前10:00、リハーサル:10:30~10:50、出演:14:57~15:05
 ◎着替え  楽屋の(男声)、(女声)の表示のある部屋を使用してください
 ◎演奏曲  ①浜辺の歌、②農夫と土
 ◎衣装  女性:白ブラウス、黒ロングスカート、コサージュ、ネックレス、黒靴
      男性:白長袖カッターシャツ、黒ズボン、紫ネクタイ、黒靴
 ◎楽譜  持つ場合は表紙は黒色(但し顔を上げて歌う)
 ◎チケット  団体名欄に「むぎ・ふきのとうOB合唱団」等と書いておいてください
  ※チケットをまだもらっていない方は当日にお渡しします
 ◎オーダー(並び順)と入場方法
 4月レッスン時に決めたオーダーに準じます。センターの人(1列目どらさん、2列目にぎりさん)を先頭に入場します。今回、ピアノは舞台中央です。1列目は雛段の1段目、2列目は同2段目に上がります。
 ◎勤音の全体の流れ 午後1時開演、3時半頃にコンクール(交流)終了、3時45分~4時15分特別企画(バリトンの調べ・小玉晃)、4時15分~講評・受賞者の発表、4時40分頃終了。合評会5時~6時半・同会館会議室(U先生も参加されます)。
 ◎打ち上げ  5時半~京都駅前の(いつもの)「魚民」の予定(U先生も合評会のあと参加されます)
 ◎連合講師:どらさん 12時に2階会議室での打合せに出てください
 ◎要員:利休さん(進行係)、まっさん(ドアキーパー) 12時に事務局控室前に集合してください
 

振り返り

 投稿者:Gera  投稿日:2018年 5月16日(水)22時23分37秒
編集済
  この間の平日レッスンを振り返ってみました。

浜辺の歌

顔を上げて指揮を見る 3番の出だしのみ4パートがそろう 声を合わせてひそやかに
あと・・・これまで通り16分音符のゆらぎ 「風の音~寄する波~」クレシエンド

農夫と土
顔を上げて指揮を見る ブレスの重要性 ブレスの後mfだったりfだったりする事が多い
「あ、さ」 朝のさわやかさをイメージ 明るく
69小節「種をまく者の」 躍動的に 縦の、はねあげる感じで

あと 書きませんが 今まで言われて来た事を思い出してベストを尽くしましょう
 

勤音に向けて!

 投稿者:64   Q  投稿日:2018年 5月15日(火)03時57分14秒
   日曜日 いよいよ勤音ですね! 今回は審査員がガラッと変わった事で従来のような審査基準から少し変わる・・その期待感からコンク~ルの部にエントリ~する団体が殆んどになりました! でも日頃の練習成果が発揮できれば必ずいい結果に繋がる・・・そう信じて頑張りましょう! チロちゃんが投稿している様にしっかりと(*^_^*)を上げて指揮者と睨めっこ(笑顔の睨めっこ)しましょう!!   入賞して美味しいお酒が飲めます様に・・・。         さて固い話になりますが  お隣の国の情勢が本当に気になります!!『6・12』小生は大きな期待感を抱いているのですが 冷ややかな視線を送るメディアもあります。 同じ民族が分断されて60年余り・・・この冷戦状態が解体されて平和的な統一が実現されれば・・・
 この頃韓国歌謡にはまっている小生はその歌詞の内容に何時も心を揺さぶられています。   (高麗連邦)・・今回は決して幻想で終わらない いや終わらせたくないですね!!   何処かの政府も柔軟にこの大きな時代の流れに力添えしてもらいものです。 『6・12』・・しっかり見届けるつもりです。    PS ウランちゃん!チロちゃん! 小生この前のトラコンで(アベベルム・・・)の出だしで多分半音低く出たみたいで 録音聴いてがっかり(出だしの部分だけで 後はまずまず良かったよ)  本番はその部分気を付けて頑張ります!!やはりこの曲はハーモニ~の響きが聴かせどころですものね!!     さあ皆んな日曜日の(勤音)頑張りましょうぜ~~!  そして大いに勢いつけて演奏会へ!!!
 

平日レッスン no.4

 投稿者:ちろ 75  投稿日:2018年 5月11日(金)20時05分59秒
  5月11日 (金)平日レッスン終了しました。
3時から U先生、4時からはM先生のピアノも加わり勤音に向けた最後の練習ということで、17名の皆さんが集まってくださいました。
Sop.うらん、せっちゃん、利休、カマ、ちろ
Alt.   キャシー、タレメ、コッペ、ゲラ
Ten.まっさん、アンカケ、三ちゃん、すーさん
Bas.工務店、敏、ガンタ、でっち
の参加でした。
なにはともあれ、顔をあげて指揮を見て歌うことが大切です!みなさま、復習しといてね。
 

ありがとうございました!

 投稿者:74さきち  投稿日:2018年 5月 3日(木)22時12分16秒
編集済
  チャリティコンサート「祈り・希望」Vol.6 にご来場いただいた皆さん、そして感想を投稿してくださったチョンボさん、ゲラさんありがとうございました。
 3月まで顧問だった先生が転勤されることがほぼ決まっているという厳しい状況の中で、その先生が熱心にお願いし、段取りもつけてくださって、副顧問だった先生が引率を引き受けてくださり、やっと校長先生の許可がおりました。また新しい若い顧問の先生も快く引率を了解してくださって実現した今回の中学生の来阪でした。そういった意味でも大変感動的な中学生の演奏でした。3月の声楽アンサンブルコンテスト全国大会の本選に選ばれた実力の団です。体を使って声を響かせる、アカペラ、そして先のような理由で指揮なしで声を合わせる、音楽の原点を見るような演奏、素晴らしかったですね!
 そしてほかの各団もそれぞれの特色を生かした演奏で、中学生に応えたと思います。
 このコンサートも6回目となり、また昨年は福島に行って響aiコンサートをやったので2年ぶりということもあり、チケットが早々に売り止めとなりました。それで、お断りした方、声をかけられなかった方がたくさんおられて申し訳なかったです。また全員座っていただけるのかと、とっても心配しながら当日を迎えました。もぎりの数を見て出演者以外は、ほぼほぼ座っていただけたのではと思っているのですが…。
次回はもっと大きなところで、いくらでもチケットが売れて、出演者も座れるようなところでできたらいいなーと考えています(勝手にですが~笑~)。またお時間許せば聴きににいらしてくださいね!
2020年には福島を三度訪れて、響aiコンサートVol.3と被災地の視察を行う予定です。いろいろなご都合が合うようでしたら、たくさんの方とご一緒出来れば嬉しいです。
本当にありがとうございました!!
 

私もちょこっと

 投稿者:Gera  投稿日:2018年 5月 1日(火)10時04分23秒
編集済
  チャリティーコンサート、とても良かったです。
まず全体の運営、構成。
みんなで盛り上げる。観客に楽しんでもらう。そういう配慮が随所に伺えました。
開始前にはスタッフが全体を見渡して席の調整。空いているところを素早くチェックして後から来たお客さんにも座ってもらえるようきめ細かく誘導されていました。
中央が招待席になっていて、福島の中学生に出番までは聴いてもらい、本番は客席から舞台に上がる、というのはいいなと思いました。
最初と最後の挨拶が未来を担う若い方、というのもいい。司会の声は耳に心地よく出入りの時間も無駄がない。最後に「ふるさと」を皆で歌ったら、美しい声が会場のそこここからも響いていました。

私が1番心に残ったのは、やはり福島の中学生の歌声。いつ聴いても感動します。アカペラで、ひとりひとりの声が本当によく響く。アルトもメゾもソプラノもそれぞれのまとまりに存在感があり、調和が素晴らしい!表現の仕方も、とても洗練されていました。

次は女声合唱団Rの1曲目。「私には名前があります」です。プログラムの2番目だったから新鮮さもあったかな、とは思いますがパートの声のまとまりと発語。何を大切に歌おうとしているのかという事が、言葉とメロディを通してぐんぐん伝わって来ました。

それぞれの合唱団が自分たちの持ち味を生かして素晴らしい演奏ができていたし、曲に応じて動きや振付があり耳と目、両方で楽しめました。

プロのHさんの演奏はもちろん圧巻。会場は感動の渦でしたね。

ダンスがあったのも良かった。ウキウキ、ノリノリでした。

サキチすてきな企画を有難う。ご苦労様でした。
 

東北大震災支援コンサート「祈り・希望」

 投稿者:'69 チョンボ  投稿日:2018年 5月 1日(火)01時29分19秒
編集済
  東北大震災から7年が過ぎました。野も町も人も原発も未だ爪痕と傷痕は癒えず、東京五輪招致に向けた総理スピーチ「Under Control」に程遠い現実にある中、昨日、Vol.6を迎えた東北大震災支援チャリティコンサート{祈り・希望}に参りました。

8つの合唱団とソプラノ独唱。テーマにそって各2~3曲歌われました。招待された福島の中学校の合唱団はさすが!「合唱県」の評にふさわしい高い水準を反映した素晴らしい演奏でした。当日、特に印象に残った演奏を幾つかご紹介させていただきます。

【STAGEⅠ】

K合唱団「一本の鉛筆」は、皆さんご存知の映画監督の松山善三さん作詞による美空ひばりさんの歌。『一本の鉛筆があれば 私はあなたへの愛を書く 一本の鉛筆があれば 戦争はいやだと 私は書く』。人間による大震災「戦争」に重なる合唱でした・・・。

女声合唱団R「私には名前があります」。この合唱団が安弘真氏に作曲を委嘱した詩「つたえたいことがあります」の一節。絶えない戦禍に命を奪われる子ら一人ひとり総てにかけがえのない名前(いのち)があるのだ!と。「Cat's」のサキチのパフォーマンスも良かったですよ。

C.n は、ビートのきいた「4minutes」。若い女性ばかりの歌と踊りはおじさんにはちょっと眩しく、少し引いては前のめりに・・・。でもまあマドンナの持ち歌ですからね。若い客席はもっと!乗れたでしょうが、私は乗り切れませんでした(トホホ・・・)

K混声合唱団 「あの素晴らしい愛をもう一度」。北山修(作詞)と加藤和彦(作曲)によるおよそ半世紀も昔のフォークソング。歌としてはちっとも色褪せませんが、残念ながら「素晴らしい愛」を十分経験されなかった? という歌いっぷりではありました。

国鉄○○合唱団「会津磐梯山」「俺達のシルクロード」。国鉄!とはまさにレジェンドの合唱団。迫力のサウンドは、フォルテシモのこぶしとユニゾンの心地よさ。杖をついてステージに立たれた方が一名、モンちゃんを思い出しツーっと涙がこぼれました。

T混声合唱団。よく知られた実力派の合唱団で、指揮者とピアノ伴奏のパフォーマンスも実力派でした。演奏曲「楽譜を開けば野原に風が吹く」は、福島県合唱連盟から信長富貴氏に作曲委嘱された歌。パートバランスも絶妙、まさに会場に風が吹きました。

【STAGEⅡ】

女声合唱団Sは 宮沢賢治の詩「雨ニモマケズ」より。私には原詩のイメージと乖離がありましたが、『雨ニモマケズ 風ニモマケズ ・・・ アラユルコトヲ 自分ヲカンジョウニ入レズ ・・・ サウイフモノニワタシハナリタイ』 の言葉を改めてかみしめ聴かせていただきました。

K混声合唱団は幅広い年齢層の合唱団。ラトビア民謡は、私事ながら数年前に旅したバルト三国を懐かしく思い出させてくれました。アカペラで歌う「夕焼け小焼け」は、大貫妙子さんが歌う「この道」 のイメージ、心をぎゅっと掴む出色の演奏でした。

ソプラノ独唱Hさんの「死んだ男の残したものは」。絶唱でした。様々なシンガーのカヴァーをYou tubu.で聴けますが、生のソプラノの鋭い音がこの歌の意をよく伝えてくれました。それにしても谷川俊太郎の詩、深く痛く烈しくなんとまあ心を抉ることか・・・。

そして福島の市立中学校合唱部の14人の女子生徒による長田弘作詞「散歩」、谷川俊太郎作詞「木」。いずれもアカペラです。言葉がとても大切に歌われます。烈し過ぎないフォルテで弾けた後、一瞬!止まる・・・その残響、余韻がたまらなく愛しかったです。

散歩・・・『ただ歩く。手に何ももたない。急がない・・・曲り角を曲ると道のさきの風景がくるりと.変わる・・・どの道も一つ一つの道がそれぞれにちがう・・・歩くことをたのしむために街を歩く。とても簡単なことだ。とても簡単なようなのだが、そうだろうか。どこかへ何かをしにゆくことはできても、歩くことをたのしむために歩くこと。それがなかなかにできない。この世でいちばん難しいのは、いちばん簡単なこと』。

フィナーレは総勢290名の合唱「群青」。谷村新司の「群青」ではありません。南相馬の中学校では津波で2名の生徒が亡くなりました。また疎開先から戻らない大勢の仲間を思い、卒業生が書いた詩と曲を音楽教諭の小田美樹さんが構成した合唱曲です。

群青・・・『ああ あの町で生まれて君と出会い たくさんの思い抱いて一緒に時を過ごしたね 今 旅立つ日 見える景色は違っても 遠い場所で君も同じ空 きっと見上げてるはず・・・あたりまえが幸せと知った 自転車をこいで君と知った海 鮮やかな記憶が目を閉じれば群青に染まる・・・あれから2年の日が僕らの中を過ぎ 3月の風に吹かれて君を今でも思う・・・』

なかなか言葉では語りきれませんが、行間をご想像いただければ幸いです。
 

勤音リハ等と平日レッスン案内

 投稿者:デッチ(67)  投稿日:2018年 4月29日(日)09時44分0秒
   勤音のリハーサルの時間などが分かりましたので、あらためてお知らせします。

◎5月20日(日)、右京ふれあい文化会館
◎集合:午前10:00、リハーサル:10:30~10:50、出演:14:57~15:05
 ※「Qtube」はリハ9:30~9:50、出演13:37~13:45
◎演奏曲  ①浜辺の歌、②農夫と土
◎衣装  女性:白ブラウス、黒ロングスカート、コサージュ、ネックレス、黒靴
     男性:白長袖カッターシャツ、黒ズボン、紫ネクタイ、黒靴
◎楽譜  持つ場合は表紙は黒色(但し顔を上げて歌う)
◎チケット  団体名欄に「むぎ・ふきのとうOB合唱団」等と書いておいてください
 ※チケットをまだもらっていない方は5月平日レッスン時か当日にお渡しします
◎オーダー(並び順)と入場方法
 4月レッスン時に決めたオーダーに準じます。センターの人を先頭に入場します。今回、ピアノは舞台中央です。
◎連合講師:どらさん、要員:利休さん、まっさん  よろしくお願いします
◎今回、講師陣が一新され、今まで「交流」で出場だったところも、「コンクール」で出ることにするなど、新たな審査への期待が高まっています。自主練習に励み、ベストの演奏をしましょう。

5月の平日レッスンについて
◎5月11日(金)午後1:30~5:00、中西ホール
◎今回は勤音の合わせのために、4:00~5:00の1時間はM先生も来られます
 

演奏会の会場、日時が決まりました

 投稿者:デッチ・67  投稿日:2018年 4月25日(水)13時16分4秒
   演奏会の会場は、今日抽選が行われたAホールは残念ながら縁がなく、以前から仮押さえ中のBホールと決まりました。従って演奏会は来年の3月17日(日)に、午前中ゲネプロ、午後2時開演の予定でBホールで行います。基本中の基本のことが決まり、いよいよですね!レッスンに、諸準備に邁進していきましょう♪
 

勤音に向けて

 投稿者:Gera  投稿日:2018年 4月24日(火)16時03分13秒
編集済
  レッスンお疲れ様でした。繰り返しになりますが注意点を再度。

農夫と土
(Andanteの部分
1、「土」の前のブレスが重要…声がそろうしmfで歌えます。そして、それまでにpで始めすぐクレシェンド、ベースとアルトの動く音(たねの前)で徐々に盛り上げます。
2、「者」の前のブレスも同様。でもその前に「命」という大事な言葉が出てきます。
「者」の後はすぐクレシェンドでf、「農夫らの楽しみの種」色を変えkを意識してppで「悲しみの種」
3、テナー、ベース「種」の前のブレスも同様。「命」の大事さも同じ。


(Allegroの部分)

1、「朝、朝」は、筒状の楽器から朝のさわやかな声が天井に響くように3拍子を感じて歌う。
2、「星を見て」も「働いて」もレガート。fで「ひたいに」の次ブレス。ffで「汗して」(強いまま)
3、「ゆうぼはすぐに気持ちを切り替える。
4、「たねをはぐくむ~」をフラットに歌った後「種をまく者の」からクレシェンド。言葉のまとまりを大切にして生き生き歌い、「夢」  「望み」につなげる。
5、「そしていのりだ」はpで始まりクレシェンド。 fでたっぷりと「そーしーてー」と歌い、元の速さのffで「いのりだー」と歌いきる。

(TempoIの部分)
1、自然の命の不思議さへの感動の気持ちで「Ah」。ベースやテナーの動く音をしっかり聴いてmfの「みのる」に持って行く。
2、「不思議さよ」ではアルトとテナーの動く音に注意。お互いにしっかり聴き合って感動を共有。「Oo」でソプラノの動く音を聴き再び不思議さを感じる。最後のハーモニーは全て上へ上へと響き合うように


浜辺の歌

16分音符のリズムやハーモニーを感じて歌う、という事につきるでしょうか。耳をしっかり開いて歌えばいい仕上がりになると思います。

勤音当日はアルトが少なめの4人と責任重大ですが、ベストを尽くします。
では皆様 本番までに平日レッスンもありますので、色々な機会を利用して合唱を楽しみ、1番いい演奏をしたいものですね。
 

主題・会場のこと、副題・若葉が眩しい季節に

 投稿者:デッチ(67)  投稿日:2018年 4月23日(月)20時08分1秒
   QPさん、報告をありがとうございます。
 「若葉が眩しい季節」ですか・・・ ♪ 若葉薫る五月の庭(?)林檎の花咲き ♪ って歌がありましたね。そのような季節になってきて、その印象的なメロディーラインを時々口ずさんでいます。昨日は女声曲の「星よお前は」、男声曲の「芭蕉布」のパートレッスンも始まり、どちらもやはり素敵なメロディーラインを持つ曲なので、歌う楽しさをいつも以上に感じられたのではないでしょうか。
 さて、主題です。今日会場申し込みをしましたが、他に2団体の申し込みがあり、明後日の25日午前に抽選と決まりました。引き続きせっちゃんに抽選をお願いすることにします。せっちゃんには大変ご苦労様ですがよろしくお願いします。申すまでもないことですが、もし「くじ運」というのがあるのなら、それはむぎふきの「くじ運」ですので、お覚悟を。むぎふきの旅行は雨にたたられたことはあまりなく、絶対的な晴男の名人君を擁しているのですから、天気には自信があるのですがネ。
 

レンタル掲示板
/403